2017/06/15

食事づくり

フランスの美食家ブリア・サヴァランの言葉、「あなたが今日食べたものを言ってみたまえ。あなたがどんな人か当ててみせよう。」、これはよく私の食育講座で引用させていただく文言です。
ようは何を選んでどう食べているか、それを聞くだけで「人となり」がよく分かるということになりますね。
簡単に言えばお昼はいつもコンビニ弁当を食べているのか、家庭菜園で採れたお野菜や手作りのお料理を入れたお弁当なのか…どちらがいいと言うより、前者より後者の方が美容&健康に気をつけているのかなと予想がつくという感じですね。

さて、みなさんのワンちゃんには、何を毎日食べさせていらっしゃいますか?「ドッグフード」、「ドッグフード+トッピング」、アレルギーや偏食のために「完全手作り食」等々いらっしゃると思います。ワンちゃんもまさか『今日○○食べたいんだよね~』とは言えない。
では何でワンちゃんの「ワンとなり」を判断するのか…まずは、ドッグフードは何を食べているか?なのでしょうかね。
人間の食べ物もピンキリなお値段がついてます。高いからって体にいいものなのかというと答えは「ノー」です。高くても添加物だらけの体に悪いもの多々あります。逆に安いものにはわけがあり、人間もワンちゃんもあまりおすすめ出来ません。じゃあ何買えばいいのよとなりますが、答えは原材料表示を見れば一目瞭然!何が入っているか分かります。見ても何が入っているのかわからないというのは別の意味で問題かもしれません。よく分からないものを食べている、または食べさせているという事になるからです。
人間用は現在約800種類以上の添加物が認可されています。ワンちゃんは「ペットフード安全法」に基づいて規制されますが、人間より緩いことは確かです。もちろん全ての添加物が悪いというものではありませんが、昨今の健康志向の流れから添加物を使わないフードの関心が高まっているのも確かです。

「ドッグフード成分表示の見方について」も参考にしてくださいね。
https://media.dogpad.jp/know/3455/

別の機会にドッグフードのことは記載するとして、今回はうちの「ワンとなり」のフードを紹介しますね。

「牛モモとそら豆の翡翠あえ」を、フードを2割減らしてトッピング!

ワンちゃんはペットから家族の一員になっています。ワンちゃんはフードを選べませんので、私たちが知識と関心をもって選んでいきたいとなと思っています。