公開日
2020/07/07

コロコロ夏野菜のあんかけそうめん

ワンちゃんの手作りご飯に挑戦してみたい!と思っているあなた。夏に大活躍のそうめん、そして夏野菜を使ったメニューに挑戦してみませんか?

「犬の管理栄養士」@yukitan.129さんに教えていただきました

インスタグラムで、愛犬への手作りご飯や手作りおやつを投稿されている@yukitan.129さん。

「犬の管理栄養士」の資格をお持ちで、食を通してワンちゃんの健康維持を目指していらっしゃいます。

▲みかんちゃんとサブちゃん。

今回@yukitan.129さんに教えていただくのは、ワンちゃんの手作りご飯初心者の方でも試しやすい、そうめんを使ったメニュー『コロコロ夏野菜のあんかけそうめん』です。

夏に大活躍のそうめんと旬の夏野菜を使い、愛犬も大満足の一品を作ってみましょう。

コロコロ夏野菜のあんかけそうめん

所要時間
15分
難易度
★☆☆☆☆

材料(体重5kgのワンちゃんの分量)

そうめん (乾麺)
10g
オクラ
1本
なす
5g
人参
5g
パプリカ 赤
5g
パプリカ 黄
5g
しめじ
10g
鶏胸肉
35g
水溶き片栗粉
(小さじ1/2の片栗粉を小さじ1の水で溶く)
150cc

作り方

1
野菜、鶏胸肉は、5ミリ角のサイコロ状にカットし、オクラは輪切りにする
2
分量外の水で湯を沸かし、沸騰したら、そうめんを茹でる 記載のゆで時間より、2分ほど長めに茹でる
3
茹でたそうめんをザルにあけ、水でサッと洗う
4
鍋に、水150cc、野菜を入れて煮る ★わんちゃんは、野菜の消化が人間ほど得意ではないため、 指で潰せるくらいの柔らかさになるまでよく火を通す
5
鶏胸肉を入れる
6
鶏胸肉に火が通ったら、水溶き片栗粉を入れ、かき混ぜる
7
水溶き片栗粉を入れた後は、必ず沸騰させる(沸騰が足りないととろみがつかない)
8
そうめんは、食べやすい長さにカットし、うつわに盛る
9
カットしたそうめんの上からあんをかけて、出来上がり。
10
★蕎麦アレルギーのないわんちゃんには、蕎麦でもできます。

含まれる成分

そうめん(食物繊維)
便秘改善
そうめん(ビタミンB1)
体力回復
オクラ(Bカロテン)
抗酸化作用
オクラ(カリウム)
夏バテ予防
オクラ(食物繊維)
便秘改善
なす(アントシアニン)
がん予防 抗酸化作用 老化防止
なす(カリウム)
水分調節
パプリカ(ビタミンC)
老化防止 免疫力アップ
パプリカ(Bカロテン)
老化防止
人参(Bカロテン)
免疫力アップ
しめじ(Bグルカン)
免疫力アップ
鶏胸肉(ビタミンA)
免疫力アップ

ワンポイントアドバイス

★お蕎麦を使用する場合★
乾麺、生麺共に、蕎麦を使用する際は、ゆで汁にもたっぷりの栄養が含まれるので、
野菜、肉と一緒に茹で、ゆで汁ごと与えても大丈夫です。蕎麦のゆで汁にはとろみがあるので、その時は片栗粉は必要ありません。

注意点

そうめんは、わんちゃんには塩分は必要ありませんが、気にされる方は無塩の物をお選び下さい。
そうめんに入っている食塩は、茹でている間に流れ出し、さらに水で洗い流すため、健康に害があるほどの量にはなりません。
また、そうめんや、パン、クッキー、うどんなどに使われる小麦粉はアレルギーを起こしやすい食材でもありますが、小麦粉を選ぶ際は国産の小麦が使われている物をお勧めします。