公開日
2021/01/28

花粉の季節到来!愛犬家に嬉しい機能搭載の空気清浄機3選

花粉の季節がやってきます。花粉症の方にとって春はつらい季節です。花粉の空気清浄だけでなく、愛犬のために特化した機能が付いたものなど、愛犬家と花粉症の方におすすめしたい、空気清浄機についてご紹介します。

花粉やPM2.5、愛犬の換毛期……。部屋の空気をクリーンに!

花粉やPM2.5、愛犬の換毛期……。部屋の空気をクリーンに!

日本気象協会は2020年と比較し2021年は、花粉飛散量が増えると予想しています。花粉症の方にとってとてもつらい時期がやってきます。

また、春になると浮遊し始める「PM2.5」。PM2.5は呼吸器系の病気のリスクを高める可能性があるといわれています。

お散歩などで、どうしても愛犬の被毛に花粉などがついてしまいます。

これからの季節、お部屋で気持ちよく過ごすために、お部屋の空気をクリーンにする、空気清浄機を取り入れてみませんか?

愛犬のにおいや菌を抑える効果が期待できる、空気清浄機も登場しています。

愛犬家にとってうれしい機能が搭載された、空気清浄機をご紹介します。

花粉対策の味方!人気メーカーの機能を比較してみました

花粉対策の味方!人気メーカーの機能を比較してみました

主に人気がある3メーカー「SHARP」「DAIKIN」「Panasonic」。この3メーカーが特化している技術をご紹介します。ぜひ比較してみていただけたらと思います。

プラズマクラスターのSHARP

シャープといえば「プラズマクラスター」です。空気中の汚れを浄化する作用がある機能です。

今、このプラズマクラスターは3段階の性能でわかれています。

「プラズマクラスター7000」新機能が備わった「プラズマクラスター25000」。

もっとも充実した機能をもつ「プラズマクラスターNEXT」。

どの製品も素晴らしい効果がえられるのですが、注目したいのは「プラズマクラスターNEXT」の、蓄積されたペットの排泄物のにおい、付着したペットの皮膚特有の、菌の作用を抑えるこの2つの効果です。

家に帰ってきて「犬のにおいがする」ことが軽減できる機能なのです。(においを軽減する機能は「プラズマクラスター25000」にも搭載されています)

この機能はどちらも、愛犬のからだの菌を抑制するわけではなく、例えばベッドやおもちゃについた菌から出るにおいや、菌の作用を抑制するというものです。

また、専用アプリに愛犬の名前を登録すると「ワンちゃんおまかせ運転」というペット専用モードが使用できます。

愛犬がお留守番をしている間も、空気をきれいに保ち、ときに風向きを変え、簡単な温度調整もしてくれます。

外出先からスマートフォンで操作でき、室温が高くなったり、排泄をした臭いを察知したりすると、スマートフォンに通知してくれる機能も付いています。

愛犬のお留守番にも適した機能です。

ストリーマー機能が進化!除湿と加湿もできるDAIKIN

脱臭・集塵に効果がある「ストリーマー」機能に、小林製薬株式会社の抗菌技術を活用して開発した「抗菌加湿フィルター」を新たに搭載。

今までよりもパワフルに空気をきれいにしながら、加湿をすることが可能になりました。加湿や除湿は、水が関係します。その水が汚れていたり、カビが生えていたりしたらお部屋にカビを放出することになります。

いつでも、適切な湿度をきれいな水で保てることがダイキンの素晴らしいところだと感じます。

花粉の時期はもちろん、愛犬の皮膚の乾燥も防げるダイキンの加湿機能。

また、梅雨時期には除湿を使用すれば部屋のカビはもちろん、愛犬のベッドやおもちゃについた雑菌の繁殖も抑制する効果が期待できます。

微粒子イオン「ナノイーX」を搭載!水の力 Panasonic

パナソニックの「ナノイーX」は、簡単に説明をすると、水から生まれたナノイーXが、お部屋の中に浮遊している(または付着している)菌やウイルスを、自ら取り込み、菌やウイルスの動きを抑制させる働きをします。

ナノイーXが菌やウイルスをパクパク食べて、無害なものに変えてしまうというイメージです。

ナノイーXは、ナノサイズなのでカーペットの間やスチーム粒子では入り込めなかった場所にも入り込み、しっかりと働いてくれます。

新機能「3Dフロー」は、浄化する空気の流れをかえることで、集塵量が従来の1.5倍になっているそうです。

お散歩などで、愛犬の被毛の隙間に付着した花粉も、素早く集めてくれます。

特に花粉症で困っている飼い主さんにおすすめの機能です。

花粉の季節を快適に!おすすめの空気清浄機

前章の機能が搭載されている機種をご紹介します。

シャープ 加湿空気清浄機 KI-NP100-W

「プラズマクラスターNEXT」を搭載したモデルです。プラズマクラスター適用床面積が23畳と、とても広い範囲をカバーしてくれます。8畳の部屋なら、なんと6分で空気清浄ができてしてしまいます。とてもパワフルで、機能も充実している1台です。

ダイキン 除湿・加湿空気清浄機 うるるとさらら MCZ70X-T

created by Rinker
¥124,800 (2021/02/27 06:23:02時点 楽天市場調べ-詳細)

ダイキンの空気清浄機で、いまのところ「除湿・加湿」がともにできるのは、こちらの製品のみです。筆者は除湿機をかなり愛用しているため、梅雨時期のカビ予防や部屋干し機能など、除湿機能はとてもおすすめしたい機能です。

もちろん花粉やPM2.5も素早く分解。オールラウンドな1台です。

F-VXT90-W パナソニック 空気清浄機

高濃度の「ナノイーX」を搭載した「F-VXT90-W」。ミルエアというスマートフォンのアプリケーションと連動をして、空気の悩みを解決したり、外出先からお部屋の空気を管理したりできます。

愛犬のお留守番時間が長い飼い主さんは、この機能はとても嬉しいですね。

進化する家電

少し前に「これはすごい!」と思って購入をした家電も、3年5年10年とたつと、さらにすごいものが出てきて驚かされます。

今回、各メーカーで機能が一番多くそろっているものをご紹介しましたが、お部屋の広さや、どこを重視したいか目的を絞れば、もう少しリーズナブルなものもたくさんありました。

花粉の季節、愛犬と快適に過ごせるように、空気清浄機を取り入れてみてはいかがでしょうか?

参考資料:
日本気象協会
SHARP公式サイト
DAIKIN公式サイト
Panasonic公式サイト