公開日
2018/11/09

愛犬の健康管理!ドッグドッグを受けてみよう

愛犬の健康チェックはどのように行っていますか?最近では、愛犬にも人間と同じように定期的に健康診断を受けさせる方が増えてきているようです。
人用の健康診断が「人間ドッグ」なので、犬用は「ドッグドッグ」というわけです。
このドッグドッグとは一体どのようなものなのか、これを受けることでどのようなメリットがあるのかなどを紹介していきます。

ドッグドッグ(ペットドッグ)って何?

私たち人間は、それぞれ所属している会社や住んでいる地域で実施している健康診断を、定期的に受診している場合が多いと思います。
この健康診断で自分では気が付かなかったような病気の早期発見や、持病の経過チェックなどを行っています。
昨今長寿化傾向にある犬にも、私たちと同じように定期的な健康診断を受けさせる飼い主さんが増えてきているようです。
この健康診断のことを「人間ドッグ」ならぬ「ドッグドッグ」と呼びます。

犬はどんなに信用している飼い主さん相手でも、本能的に自分の体調不良を隠そうとするところがあります。その為、体調不良に気が付いて病院に連れて行った時には、病気がかなり進行してしまっていることもあります。
それに加え言葉を話すことが出来ませんので、どこか苦しいところがあってもそれを伝えることが出来ません。
愛犬の体調管理をする為にも、8~9歳位までは年に1回、10歳を過ぎたら半年に1回を目安に動物病院にてチェックをしてもらうのがおすすめです。

ドッグドッグ(ペットドッグ)を受けるメリット

ドッグドッグを受けるメリットは以下があります。

病気の早期発見

ドッグドッグを受けることで、症状が出ていなかったような病気を早期に発見出来ることがあります。
病気は早期に発見し治療を開始することで、治療の際に犬にかかる負担を軽減することが出来ますし、治療費も抑えることが出来ます。

生活習慣の改善

特に気になる病気が見付からなかったとしても、肥満ややせ過ぎなどの判断もしてもらえます。
肥満は、それが原因で別の病気を引き起こしてしまうこともありますので、診断をきっかけに食生活などを改善し病気予防をすることが可能となります。
また、やせ過ぎの場合は免疫力低下などの心配も出てきますので、この場合にも食生活の改善が必要になる場合があります。

安心感が得られる

ドッグドッグを受けた結果特に何の異常も見付からなかった場合には、健康であることが分かり安心感が得られます。

どんな検査をするの?

ドッグドッグの際に行う検査は、犬の年齢や過去の病歴などによって違ってくるのですが、一般的な検査内容を紹介しておきます。
下記にあげたもの以外では、必要に応じてレントゲンや心電図、超音波検査などをする場合があります。

問診

普段の様子や飼い主さん目線で気になることがないかを確認します

体重測定など

体重測定と聴診を行い、目・耳・口腔内のチェックを行います。この時点で特別な医療機器などは用いません。

尿検査・便検査

尿と便の検査を行います。
尿検査では腎臓病や尿石症の有無を確認し、便検査では寄生虫の有無や血便ではないかなどの確認を行います。

血液検査

腎臓や肝臓が正常に機能しているか、貧血はないかなどの確認を行います。
問診時の内容次第では、検査項目が追加される場合もあります。

料金はどれくらい?

動物の医療は人の医療とは違い自由診療となっていますので、動物病院によって価格には開きがあります。
ドッグドッグの料金も、一般的なものだけだと10,000~20,000円程度であることが多く、そこに特別な検査が加わると30,000~50,000円程かかってしまうこともあります。
同じ検査内容であっても、病院によって価格は違ってくることが多いです。

ドッグドッグが受けられる都内の動物病院一覧

都内でドッグドッグが受けられる動物病院をいくつか紹介します。

湊どうぶつ病院
・コンパクトコース(体重測定・触診・尿便検査) 15,000円
・スタンダードコース(コンパクト+血液検査・レントゲン・心電図など) 38,000円
・シニアコース(スタンダード+心臓肝機能チェック・眼圧測定など) 48,000円

くじら動物病院
・わんにゃんドッグ(身体検査・血液検査・レントゲン・超音波)15,000円

あだち動物病院
・基本健診(身体検査・血液検査)6,000円
・獣医師の判断により、必要と判断した検査を追加します

小滝橋動物病院
・プランA(身体検査・フィラリア検査)1,500円
・プランB(プランA+血液検査)6,000円
・プランC(プランB+レントゲン)小型犬11,000円 中大型犬15,000円
・プランD(プランC+超音波・尿検査)小型犬18,000円 中大型犬22,000円

グラース動物病院
・簡易パック(身体検査・血液検査)5,000円
・基本パック(簡易+尿便検査・レントゲン)12,000円
・シニアパック(基本+血圧測定・超音波・ホルモン測定)27,000円

ミ・サ・キ・動物病院
・スタンダードコース(身体検査・血液検査・レントゲン)19,000円
・プレミアムコース(スタンダード+超音波・心臓肝臓機能チェック)37,200円

上野の森どうぶつ病院
・Aコース(身体検査・血液検査・レントゲン・尿便検査・超音波)24,300円
・Bコース(Aコース+心臓精査)39,600円

アニムペットクリニック
・健康診断(身体検査・血液検査・レントゲン・尿検査・超音波)価格は体重別
~5㎏20,000円、10㎏まで26,000円、30㎏まで30,000円、30㎏以上34,000円

立石動物病院
・Aコース(身体検査・血液検査・レントゲン・尿便検査・超音波)10,000円
・Bコース(Aコース+心臓超音波・ホルモン検査)24,000円

荻窪ツイン動物病院
・お手軽プラン(身体検査・血液検査・レントゲン・尿検査)10,000円
・安心プラン(お手軽+CRP検査・便検査・超音波)17,000円
・しっかりプラン(安心+血圧測定・心電図)25,000円

まとめ

犬の為の健康診断である「ドッグドッグ」について紹介しました。
犬も長寿化の時代ですから、健康で長生きをしてもらう為にも定期的な健康診断は受けておくのがおすすめです。
信頼のおけるかかりつけ医を見付けてそこで定期的に健康診断を受けることで、ちょっとした変化にも気が付きやすくなり病気を早期に発見してもらえる確率が高くなります。
是非一度、愛犬の健康チェックを行ってみてはいかがでしょうか?