公開日
2018/12/07

ミックス犬の種類ってどれくらい?種類ごとの特徴とは?

ミックス犬ってどれくらい種類があるのかご存知ですか? ミックス犬は近年人気があり、ペットショップでも販売されていて、種類は無限の可能性があります。しかしミックス犬にはメリットもデメリットもあるところが特徴です。今回はミックス犬について解説します。

ミックス犬とは

ミックス犬と呼ばれる犬は、雑種と異なる扱いだと主張する人や業者も多いですが、純血種同士を交配させて生まれた「交雑種」の犬のことをいい、雑種であることに変わりはありません。日本においては、「純粋犬種」として認められた血統を承認する団体である、一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)において、認められていない犬種は全て雑種(MIX・ミックス犬)となります。

雑種とミックス犬は何が違うのか?

では、雑種犬とミックス犬は何が違うの?と疑問に思われる方も多いと思います。結論からいうと、純血種ではないのであれば雑種犬もミックス犬も、犬種の違う犬との交雑種になるので、「犬種」という視点では同じ扱いになります。

そもそも「ミックス犬」という呼び名は正式なものでなく、定義もありません。純血種同士を交配させた犬のことを、「ミックス犬」「MIX(ミックス)」「F1(エフワン)」「ハイブリッド」「デザイン犬」「デザイナードッグ」「デザイナーズドッグ」「ハーフ犬」といった名称をつけて呼ぶ人もいます。

ミックス犬のメリットとデメリット

ミックス犬には、メリットもありますがデメリットもあります。ミックス犬を家に迎えようと考えている方は、これらをよく理解してから犬を選ぶことをおすすめします。

ミックス犬のメリット

  • ルックスが可愛い犬が生まれる可能性がある
  • 遺伝的な病気を軽減できる可能性がある
  • 生物学的に強くなる
  • 両方の親犬の良いところを受け継ぐ
  • 個性的な犬である

ミックス犬のデメリット

  • どんな性格や体格の犬になるのか予想がつけにくい
  • 成犬になった際に、同じ種類の掛け合わせでも形にばらつきがある
  • 血統書がない
  • 深刻な病気がないとは決していい切れない
  • 犬のサイズなど無理な交配を行うことで犬が不幸になる可能性もある
  • 掛け合わせによっては、からだのバランスが悪く骨折などの関節の疾患を起こすこともある

ミックス犬の乱交配、乱繁殖について

可愛い愛犬の子犬を見てみたい、という気持ちを持つ飼い主さんもいるかもしれませんが、見た目の可愛さを優先することで、予測できない病気が起こる可能性もあります。
純血種、交雑種、どちらが良いということに言及するつもりはありませんが、どうしても犬を交配させようとする場合は、優先するべきは人間のエゴよりも、犬のためであって、生まれてくる犬のことを考えて交配を控えるという選択も必要です。

例えば、病気を抱えている犬の交配、体が非常に小さな犬種に頭の大きな犬種の交配を行うなど、母犬のことを考えない交配は、出産に大きなリスクが伴います。掛け合わせによっては、本来あるべき犬種の大きさよりも、胎内で大きな子犬になる可能性も否定できず、母犬の命に関わる可能性もあります。

ミックス犬の人気が高まるにつれて、悪徳ブリーダーのミックス犬の乱交配や繁殖現場の崩壊も問題となっています。純血種、交雑種といった種類に限らず、生まれてくる全ての犬の幸せであることを一番に考えるべきであるということを忘れないでいてください。

ミックス犬の種類はどれくらい?

ミックス犬の種類については、基本的には交雑種になるので種類を数えることはできません。しかし、純血種同士を交配させたミックス犬では、人気がある呼び名の犬も多いです。

人気ミックス犬の紹介

それではここからは、人気のミックス犬をご紹介していきます。

チワックス(チワワ×ミニチュアダックスフンド)

チワックスは、チワワとミニチュアダックスフンドを交配させたミックス犬で人気が高いです。チワワのロングコートとスムースの毛のタイプによって、見た目が全く変わるところが特徴です。ただし、細いチワワの骨格に長いミニチュアダックスフンドの胴体を持つ掛け合わせなので、骨折や関節の疾患に注意が必要となります。

チワプー(チワワ×トイプードル)

チワプーはチワワとトイプードルを交配させたミックス犬で、高い人気があります。チワワは世界で最も小さい犬種といわれており、この体格にぬいぐるみのような風貌が加わるので、可愛らしい印象が強いです。毛がのびるので、トリミングやお手入れが必要となります。

マルプー(マルチーズ×トイプードル)

マルプーはマルチーズとトイプードルを交配させたミックス犬です。マルチーズもトイプードル目が丸く、ぬいぐるみのような雰囲気の犬となります。

コッカプー(アメリカンコッカースパニエル×プードル)

コッカプーはアメリカンコッカースパニエルとトイプードルを交配させたミックス犬です。イングリッシュコッカースパニエルとの交配もコッカプーと呼ばれますが、日本ではアメリカンコッカースパニエルとの交配が多いようです。
「もこもこ」「もふもふ」とした社交的な性格をもつ犬として人気があります。

ダップー(ミニチュアダックスフンド×トイプードル)

ミニチュアダックスフンドとトイプードルを交配させたミックス犬です。
ミニチュアダックスフンド寄りか、トイプードル寄りかによって、印象が変わる傾向がありますが、毛はプードルを思わせる風貌になります。

ミックス犬の種類はまだまだたくさんある!

ミックス犬は純血種ではありませんので犬種の名前はありませんが、掛け合わせた犬の呼び名があるミックス犬の一覧をご紹介します。(すでにご紹介しているミックス犬も含め重複している種類もあります)※呼び名は犬種の名前ではなく、様々な呼び名で呼ばれています。

チワワ系のミックス犬

チワックス(チワワ×ミニチュアダックスフンド)
チワプー(チワワ×トイプードル)
チワズーまたはチワシーズ(チワワ×シーズー)
ヨーチー(チワワ×ヨーキー)
ポメチー(チワワ×ポメラニアン)
チワマル(チワワ×マルチーズ)
チワピン(チワワ×ミニピン)
キャバチワまたはチワキャバ(チワワ×キャバリア)
ペキチーまたはチワペキ(チワワ×ペキニーズ)
チワブル(チワワ×フレンチブルドッグ)
チワパグ(チワワ×パグ)
パピチワまたはチワパピ(パピヨン×チワワ)

プードル系のミックス犬

チワプー(チワワ×トイプードル)
マルプー(マルチーズ×トイプードル)
ポメプー(ポメラニアン×トイプードル)
コッカープー(アメリカン・コッカー・スパニエル×トイプードル)
キャバプー(キャバリア×トイプードル)
ダップー(ミニチュアダックス×トイプードル)
ヨープー(ヨークシャーテリア×トイプードル)
ラブラドゥードル(ラブラドールレトリバー×スタンダードプードル)
ゴールデンドゥードル(ゴールデンレトリバー×スタンダードプードル)

ミニチュアダックス系のミックス犬

チワックス(チワワ×ミニチュアダックスフンド)
ダップー(トイプードル×ミニチュアダックスフンド)
ポメックス(ポメラニアンとミニチュアダックスフンド)


マルックス(マルチーズ×ミニチュアダックスフンド)
シークス(シーズー×ミニチュアダックスフンド)

シーズー系のミックス犬

マルシーズ(シーズー×マルチーズ)
チワシーズまたはチワズー(チワワ×シーズー)


シープー(シーズ×トイプードル)
シーポメ(シーズ×ポメラニアン)
パグズー(パグ×シーズー)
ペキシーズ(ペキニーズ×シーズー)
シダックスまたはシークス(シーズ×ミニチュアダックス)

その他のミックス犬も、種類はたくさん!

シュナマル(ミニチュアシュナウザー×マルチーズ)


シュナプー(ミニチュアシュナウザー×トイプードル)
ポンスキー(シベリアンハスキー×ポメラニアン)
シバリアンスキー(シベリアンハスキー×柴犬)
スピップー(スピッツ×トイプードル)
マルギー(マルチーズ×コーギー)
ポメ柴(ポメラニアン×柴犬)などなど

最後に

ミックス犬の種類はたくさんあります。子犬の頃から成長して大きくなったときに、思っていた見た目になるかわからないところも、ミックス犬の魅力です。ミックス犬は、立ち方や見る角度によって、両親それぞれの違った表情が出ます。インスタグラムやYouTubeで人気のミックス犬も多いので、その可愛さをチェックしてみるとミックス犬の特徴を知ることができるでしょう。

ミックス犬の考え方については、純犬種がよいということではなく、一代限りでない乱交配の可能性や悪徳ブリーダーによる大量な乱繁殖の可能性、掛け合わせによっては、犬に負担のかかる体格の子犬が生まれる可能性などから、反対の意見もあるということを理解しておくことも大切です。