公開日
2017/09/12
更新日
2018/07/17

食材の持つ生命力をそのまま愛犬に届けたい!ピュアボックスのこだわり「ごはんとおかず」【前編】

食材が本来持つ栄養素によって「健康でいようとする力」をサポートする。〈ドットわん〉の商品づくりは、愛犬が“生命力ある食材”を食べる姿を想像しながら、加工手段・形状・分量・パッケージなどを設計します。生産者から直接買い付ける独自の食材調達から製造さらに販売にいたる新しい流れ。ワンちゃんには「食べる楽しさ」を、飼い主のみなさんには「買い物の楽しさ」を提案したい。そんな願いが込められています。〈ドットわん〉を生みだす株式会社ピュアボックスの代表 浅沼悟さんに2回に分けてお話をうかがいました。

どんなペットフードを作っているのですか?

食材の生命力を最大限に引き出す製法によって、さまざまな「ドットわん」ブランドの製品を作っています。
例えば「ドットわん」シリーズのドライフード、納豆やヨーグルトの持つ菌の活力を生かしたフリーズドライ製品、ごはんへのトッピングやおやつとして楽しめる「ドットわんの逸品シリーズ」、カツオを一匹まるごと利用した「カツオシリーズ」、水を使わないレトルトの「ウェットシリーズ」、低温乾燥で旨みを凝縮した「ジャーキー/チップス」、栄養豊富な各種「スープ」、素材を余すところなく活用した「もったいない課」など、豊富なバラエティーで取りそろえています。(製品の容量や価格などの詳細はホームページをご覧ください。http://www.dotwan.jp)

どうしてこれほど多くの種類をそろえているのかと思われるかもしれませんが、選べる範囲を広げてワンちゃんには「食べる楽しさ」を、飼い主のみなさんには「買い物の楽しさ」を味わっていただきたいからです。

ワンちゃんには「食べる楽しさ」を、愛犬家には「買い物の楽しさ」を

どんな特徴のフードなのですか?

「犬のための自然食」をコンセプトに、生命力のある食材を使い、天然食材を“そのまま”に近い状態でワンちゃんの食卓にお届けしています。食材が本来持つ栄養素によって、ワンちゃん自身による「健康でいようとする力」をサポートするという発想です。というのも、私たちは自然界にある姿の食材をシンプルに調理し、できるだけそのままの形で食べることが理想だと考えているからです。創業以来訴えてきた「天然を与える」を形にするために、こうした天然食材を愛犬の食卓にどうやって届けるかにこだわってきました。コスト・品質・安定調達など難しい課題も多いのですが、私たちはこの取り組みがワンちゃんの食環境向上をサポートできるものと信じています。

「犬のための自然食」をコンセプトに生命力のある食材を使用

 

原材料の特徴を教えてください。

「ドットわん」の商品作りは、“生命力ある食材”との出合いから始まります。生産者へのヒアリングや直接訪ねることを通じて食材をよく知り、背景や文化に共感し、その食材に惚れ込んでから商品開発を始めるため、すべての「ドットわん」商品には物語があります。そして食材はできるだけ産地から直接仕入れています。
その理由は、

①生産者の食材への強い想いや苦労などを共有することで、まず私たちが食材を好きになれます。
②生産者ならではの、食材の活かし方や知恵・技法を取り入れることができます。
③市場状況や仕入れリスクなどを直接知ることができ、安全・安定供給への対策を講じることができます。
④中間を省くことで流通時の食材の劣化負担を抑えることができます。

このように生産者のみなさんととことん課題を話し合うことで共通の理解を持ち、ワンちゃんの「食環境の改善」を図っています。

「ドットわん」製品は生産者のみなさんとの共通の理解から生まれます

どんな製造方法で作っているのですか?

「ドットわん」はワンちゃんが“厳選食材”を食べる姿を想像してから、加工方法・形状・パッケージ・品質管理などの設計をします。
「天然を与える」を形にするために、食材の持つ栄養素のバランスをどう活かすか考え、保存料に頼らずいかに賞味期限を伸ばすかという難題に真剣に向き合います。そのこだわりはパッケージや保存管理などにまで及びます。

素材へのこだわり

いい商品を作るには素材の品質が高いことが絶対条件です。私たちは少しでも良質な食材を求めて産地から直接買い付ける仕入れルートを開拓しています。

加工へのこだわり

食材の力を最大限に活かすために、食材に適した下処理を大切にしています。それによって栄養素を壊してしまう余分な熱処理工程を省き、不要な保存料や添加物を使わない商品加工を実現しました。

包装へのこだわり

高い品質を少しでも長く維持するために気密性の高い包材を採用。主食のドライフードには4層構造の特注パッケージを使用しています。また中身を見せたい商品については、アルミを薄く吹き付けた「アルミ蒸着」というオリジナル透明パックを作り、外気の遮断能力を向上しました。

素材・加工・包装へのこだわりが「ドットわん」製品の特徴

食材は生食に適する一部を除けば適当な熱量で調理したほうが身体に取り入れやすいことが知られています。
また天然食材はそれ単体で栄養バランスがとれており、できるだけそのままの形で偏りなく摂取するのが理想です。
そこで「ドットわん」は食材ごとの最適な“下処理”を大切にし、茹でる・炊く・蒸すなど調理手段を使い分けることで食材が持つ栄養素をできるだけ失わないように工夫しています。
そうした手間をかけることで、加工時に不必要な熱をかけて栄養が壊れることを防いでいます。人工的に作られた抽出物を組み合わせて栄養バランスを設計する必要がなく、自然な形でワンちゃんに必須栄養素を届けることができます。