公開日
2021/02/27
更新日
2021/03/02

ペットシーツおすすめランキング2021(レギュラーサイズ編)

ペットシーツは室内で暮らす犬達の必需品。ホームセンターや薬局、ネット通販でも購入できるけど結局どれがいいの?薄型、中厚、厚型、吸収力、コスパなどからランキング形式でご紹介します。

ペットシーツはメーカーによって厚みも吸収力も異なる

ペットシーツはメーカーによって厚みも吸収力も異なる

いつも使っているペットシーツのストックがなくなってしまったとき、通販やホームセンターで臨時に購入したペットシーツが薄すぎて全然おしっこを吸収しなかった!という経験のある方はいませんか?

ペットシーツ(トイレシーツ)は、メーカーによって中に含まれているポリマーの量やビニールの素材も異なるので、吸収力や薄さは実際に試してみないとわからない部分があります。

厚みやサイズの違うペットシーツを使い分けるとゴミの量を削減できる

最近は、多くの市区町村でゴミの有料化が実施されています。できればペットシーツのゴミの量を減らしたいですよね?

こんなときは、おしっこの量が多い朝やお留守番中は中厚型や厚型、ワイド・スーパーワイドの大判サイズを使ったり、日中は薄型サイズでこまめに変えるのもおすすめです。

ちょっとした工夫で、わずかかもしれませんがゴミの量を減らすことができます。

薄型や安さにこだわると室内が不衛生になってしまう

できるだけ安いものをと薄型のペットシーツにこだわるのはNG!

ポリマーの少ないペットシーツは、おしっこの漏れや戻りが強いので、愛犬の足裏におしっこがついたまま室内を歩くことになってしまいます。

室内が不衛生になってしまうので、安さだけにこだわることはおすすめできません。

愛犬の体の大きさやおしっこの回数、量を考えて選ぶことも、室内をきれいに保つポイントです!

パッケージにこだわらないなら業務用も◎

通販で購入できるペットシーツの中には、同じ製品でありながら、パッケージの印刷がない業務用やケース購入をすることでお安く買えるものがあります。

薄型ペットシーツおすすめランキング(レギュラーサイズ)TOP3

小型犬でどんどんペットシーツを交換できるなら、薄型の業務用ペットシーツがコスパもよいです。

ただし、通販で購入できる業務用ペットシーツは実際に使ってみないと思ったよりも薄い、破れやすいと感じることもあります。

ではおすすめランキング、参りましょう!

第1位 :コーチョー 日本製業務用シーツ薄型レギュラー 720枚

パッケージ印刷にこだわらないのなら、コーチョーのペットシーツは吸収性とコスパのバランスがよくておすすめです。

枚数:180枚袋×4 合計720枚入
原産国:日本製

第2位:薄型ペットシーツレギュラー800枚

「とにかく薄くて安いレギュラーペットシーツを探している!」という方におすすめなのがこのペットシーツです。

楽天で通年ランキング上位のこのペットシーツですが、薄型といっても超薄型に近いので、小型犬のワンちゃんの1回分のトイレをどんどん交換する場合におすすめです。

枚数:200枚袋×4 合計800枚入
原産国:中国製

第3位:純国産ペットシーツ レギュラー600枚

created by Rinker
¥5,082 (2021/04/16 14:48:38時点 楽天市場調べ-詳細)

日本国内で流通しているペットシーツは、中国産のものも多いものですが、純国産ペットシーツは、国産の品質でコスパの良いペットシーツです。

枚数:200枚袋×3 合計600枚入
原産国:日本製

中厚・厚型ペットシーツおすすめランキング(レギュラーサイズ)TOP3

中厚型のレギュラーサイズは、小型犬のお留守番時や中型犬でも対応できるサイズです。

第1位 :コーチョー 日本製業務用シーツ中厚型レギュラー 400枚

中厚サイズでバランスの良いペットシーツならコーチョーの業務用がおすすめです。

枚数:100枚袋×4 合計400枚入
原産国:日本製

第2位 :シーズイシハラ業務用ペットシーツ中厚型レギュラー 600枚

シーズイシハラのペットシーツは、ラインナップも多くホームセンターなどでもよくみかけます。こちらは600枚の業務用なので大きな箱ですが、ペットシーツは消耗品なので、保管しておくスペースがあるなら業務用がおすすめです。

枚数:100枚袋×6 合計600枚入
原産国:日本製

第3位 :第一衛材P.oneピーワン エコサラ・シート レギュラーサイズ90枚

愛犬の大きさによっては、業務用の量は多すぎる!と感じてしまう方もいるかと思います。中厚サイズでたくさん必要ない!という方におすすめなのが、マナーパッドやオムツを数多く扱う、第一衛材P.oneのecoサラ・シートです。

枚数:90枚入
原産国:日本製

厚型ペットシーツおすすめランキング(レギュラー)TOP3

大型犬が使う場合や長時間トイレシーツを交換できないときは、吸収力の高いしっかりした厚型素材のペットシーツがおすすめ!

第1位 :ユニ・チャーム デオシートしっかり超吸収無香消臭タイプレギュラー 112枚

厚型サイズでペットシーツを選ぶなら、機能性が高いユニ・チャームのデオシートがおすすめ!柔らかい触り心地なのにしっかり吸収して逆戻りしないところがポイントです。

枚数:112枚入
原産国:日本

第2位 :コーチョー NEO Loo LIFE ネオシーツカーボンDXレギュラー 超厚型&炭シート  88枚

しっかり吸収できてニオイ対策ができる厚型ペットシーツ。ホームセンターでもよくみかけます。炭(カーボン)入りのペットシーツを探している方におすすめです。

※2021年2月にパッケージのリニューアルの予定があります。新しい商品名は「炭シート搭載ネオシーツ超吸収DX」です。

枚数:88枚入
原産国:日本製

第3位 :ユニ・チャーム デオシートプレミアム レギュラーサイズ90枚

おしっこの漏れやニオイが気になる。吸収力が高いペットシーツを選びたい。お留守番用のペットシーツを探している。こんな方にイチオシするのがユニ・チャームのデオシートプレミアムです。

特許技術でペットシートからのモレ、犬の足ぬれ、ニオイの消臭問題をクリアしたペットシーツで、ゴミ箱の中でも消臭効果が持続します。

お留守番や朝のおしっこなど、必要な時に使い分けるとおすすめ!

日本で最も機能性が高くて、高級なプレミアムペットシートです。

枚数:90枚入
原産国:日本製

ペットシーツ選びは厚さと吸収力で候補が変わってくる

体の小さなワンちゃんで、少量のおしっこをどんどん交換していくから激安の薄型や超薄型と表示のあるペットシーツでも十分!という方もいれば、頭数や体の大きさ、おしっこの仕方のクセがあって、吸収力の高いものでないと部屋が汚れたり臭くなってしまう!という方もいるかと思います。

今回ご紹介した9つのペットシーツ(レギュラーサイズ)の1枚あたりの金額をみてみると、5.6円〜20円まで幅広いです。(2021年2月22日現在)

ペットシーツの品質はメーカーによってさまざま、とにかく安ければよいというものではありません。

ペットシーツは実際に使ってみないと使用感はわからない

最後に実体験を1つお伝えします。これまでにペットシーツをいろいろ試してきましたが、中には「厚型」と書いてあるのに「中厚」の使用感、「薄型」と書いてあるのに、他社と比べるとペラペラな「超薄型」の使用感のものもあります。

メーカーによって、入っているポリマーの量や裏側のビニールの厚みと強度、漏れ防止の枠の大きさも変わるので、同じ厚みの表示でもガッカリすることがありました。

厚さのお試しパックで確認してみるとわかりやすい

ペットシーツ選びは、安さや薄さで選ぶか、吸収力や消臭力で選ぶかで、候補となる製品が変わってくるので、たくさん届いてから思っていたものと違ってガッカリするよりも、お試しで実際に触って使ってみることをおすすめします。

ペットシーツを扱うショップの中には、お試しパックとして、厚みの異なるペットシーツを数枚ずつ販売しているところもありますよ!

今回はレギュラーサイズのおすすめペットシーツランキングをご紹介しました。

関連記事:犬を迎えたらトイレトレーニングをはじめよう

犬の膀胱炎のサインと症状は?膀胱炎を繰り返す際の予防と対策も

犬の糞尿ニオイ対策!おすすめ消臭グッズ