犬を迎え入れる3つの方法を詳しく解説!

犬を家族として迎え入れる場合、多くの方はペットショップに出向くかもしれませんが、実は他にも方法があることをご存知ですか?
最近はテレビなどでよく取り上げられている保護犬から迎え入れたり、ブリーダーさんから迎え入れたりする方法もありますので、今回はその3つについてそれぞれ紹介していきたいと思います。

ブリーダーから迎え入れる場合

ブリーダーから犬を迎え入れるときの流れ

ブリーダーから犬を迎え入れる場合には、そのブリーダーによって方法は多少違いがあるかもしれませんが、共通して最初に行うことはブリーダーへ連絡を入れることです。

  • 現在子犬はいるか
  • 見学は可能か
  • 子犬の価格はいくらか

最初にこれらを確認します。
タイミングよく子犬がいて見学可能となった場合には、日程を相談して訪問をします。
ブリーダーを尋ねるマナーをあげておきます。

  • ペットショップや他のブリーダー訪問後は避ける(思わぬ病気の菌を運んでしまう可能性があります)
  • 先に飼育している犬が居ても連れていかない(どうしても連れていく必要がある場合には必ず事前に許可を得る)
  • 訪問する人数を先に伝えておく(特にお子さんが居る場合には必ず伝えておくようにする)

実際に見学に行った時には、購入に対しての条件・支払方法・引き渡し日時などを確認します。検討して後日返答する時には、断る場合でも必ず連絡をするようにしてください。

メリット

ブリーダーから子犬を迎え入れる最大のメリットは、子犬が社会化を学ぶ最も重要な時期に、母犬や兄弟犬と過ごすことが出来るという点です。
この社会化期をどのように過ごすかによって、後々の性格形成や成犬になってからの行動に違いが出てくると言われています。母犬や兄弟犬と社会化期を過ごした犬は、問題行動を起こすことがほとんどないとされています。
また、ブリーダーはその犬種の専門家ですので、飼育方法やしつけの方法について分からないことが出てきた場合には、適切なアドバイスをもらうことが出来ますので、飼育初心者の方でも安心して飼うことが可能です。

デメリット

ブリーダーでは常に子犬が産まれている訳ではありませんので、自分が欲しいと思った時に連絡を入れても子犬が居ない場合もあります。
タイミングが悪ければ、子犬が居ないだけでなく次の出産予定がない場合もあります。
また、ほとんどのブリーダーは1つの犬種を専門に扱っていますので、色々な犬を比較検討したい場合にも不向きです。

ペットショップから購入し迎え入れる場合

ペットショップから犬を購入し迎え入れるときの流れ

ペットを購入する場合、最も簡単な方法はペットショップで選ぶことでしょう。
ペットショップには常に数種類の子犬が居ますので、その中から気にいった子犬を選ぶか、もしも気にいった子犬が居なければ条件に合った子犬を探して取り寄せてくれる場合もあります。
購入を決めた場合には、早ければその日のうちに連れて帰ることが出来ますので、朝子犬を見に行って夕方には子犬がもう家に居るということも珍しくありません。

メリット

ペットショップで購入する時の最大のメリットは、常に数種類の犬種が居ますので、どの犬種にするか迷っている場合には同時に見て比較をすることが出来るという点です。
フードや犬用のグッズも揃っていますので、必要な物が全てそこで揃えることが出来るのも便利です。なかには生体補償を付けて販売しているペットショップもあり、万が一指定の期日内に子犬が死んでしまった場合などは無償にて別の子犬を受け取ることも出来ます。
また、特に約束をする必要もなく自分の都合で来店して自由に見学することが出来る点もメリットといえるかもしれません。

デメリット

ペットショップに並んでいる子犬たちは、生後二ヶ月を迎える前には母犬や兄弟犬と離されてしまっている場合がほとんどです。あまりにも早く母犬と離されてしまった子犬は、子犬にとって重要な社会化期を学んでいませんので、後にそれが問題行動を引き起こす原因になる場合もあります。
また、ペットショップによっては衛生面に不安を覚えるような扱いをしているところや、消毒もせずに不特定多数に長時間子犬を触らせるようなところもあります。
子犬を販売する為にはある程度仕方のないことなのかもしれませんが、ペットショップで購入をする場合には、何度か訪問をして子犬に対する扱いをきちんと確認してから購入することをおすすめします。

保護して迎え入れる場合

保護して迎え入れるときの流れ

様々な事情で飼育困難とされ、ボランティア団体や公共の施設に保護されている犬を迎え入れる方法もあります。
保護犬を引き取る方法は、各自治体やそれぞれのボランティア団体によって違いがあります。
一般的には、まずは各自治体が定期的に開催されている譲渡会に出向くか、ボランティア団体に直接出向いて保護犬の見学を行います。
どちらから引き取る場合でも、犬を飼育することについての簡単な講習会や、保護犬についての説明会のようなものへの参加が必須となっていることが多いようです。
また、飼育環境・家族構成・年齢など、里親として保護犬を迎え入れるにはいくつかの条件をクリアする必要があります。

メリット

保護犬の中には悲しい思いや辛い経験をしてきた犬がたくさんいます。それらの犬を家族として迎え入れることで、殺処分をされてしまっていたかもしれない命を一つ救えたことになります。
それが一番のメリットです。
また、犬によってはトイレなどの基本のしつけが既に出来ている犬もいますので、しつけの手間がかからない場合もあります。
費用面では、団体によってはいくらかの寄付をお願いされる場合もありますが、ペットショップやブリーダーから購入する場合と比較すると費用負担はほとんどないと言えます。

デメリット

保護犬は稀に子犬もいますが、ほとんどが成犬です。子犬から飼育をしたい方には不向きと言えます。
また、どのような犬種がその時に保護されているかが分かりませんので、犬種や性別の希望があったとしても必ずそれに見合う犬がいるとは限りません。
気に入った犬が見付かっても、その犬が今度こそ幸せに暮らしていかれるようにとの思いから、譲渡の条件を厳しく設定している団体や、飼育環境の実地調査を行う団体もあり、正式譲渡までにはいくつかの手続きやトライアルなどが設けられています。
ペットショップのように気にいったからすぐに連れて帰るようなことは出来ず、本当の意味で迎え入れるまでには少し時間がかかります。

まとめ

犬を家族として迎え入れる場合の、3つの方法について紹介してきました。
どの方法もメリットとデメリットが存在しますので、可能であればペットショップだけでなく、ブリーダーや保護団体まで全てを見学してみてはいかがでしょうか。
実際に比較してみることで、ご自分の合った方法が見付かるかもしれません。