愛犬とカヌー遊びができる関東周辺のおすすめツアー4選!注意点や楽しみ方ご紹介

関東周辺には、愛犬と一緒にカヌーやカヤックでアウトドアを楽しめるスポットがたくさんあります!水上から見える風景を楽しむのはもちろん、スイスイ気持ち良さそうに泳ぐ犬の姿を見ているだけでももよし、一生懸命漕ぐのもよし、水遊びが大好きなわんちゃんと暮らしているなら、カヌー遊びがおすすめです。
今回は、犬とカヌーやカヤック遊びができる関東周辺のおすすめツアーと、水遊びの注意点と楽しみ方をご紹介します。

夏は犬とカヌーやカヤックが楽しめる!

愛犬と水遊びを楽しもう!犬とカヌーやカヤックが楽しめるツアーを利用すれば、川や湖、海で大自然を満喫しながら愛犬と楽しい時間を過ごすことができます。

わんこ連れの水上アクティビティの経験がない初めての方でも、犬と一緒に参加できるツアーを利用すれば、カヌーやカヤックを気軽に体験できるのでおすすめです。

カヌーやカヤック、ボートの違いとは

「カヌー」と「カヤック」はどちらも「パドル」と呼ばれる櫂(かい)を使って水をとらえ漕いで進む小舟です。カヌーやカヤックは、進行方向を見ながらパドルを前に漕いで進む特徴があります。

公園や観光地などの湖で見かける手漕ぎボートは、進行方向に背中を向けて、2本のオールを手前に引いて漕ぐものなので、カヌーやカヤックとは進み方が違います。

カヌーの種類はたくさん!片側のパドルがカヌー 両側のパドルがカヤック

カヌーには、さまざまな種類がありますが、大きく分類するとカナディアンカヌー、シーカヤック(海用)、リバーカヤック(川用)の3種類に分かれます。

カナディアンカヌーは、片側だけブレード(水かき)がついているシングルブレードパドルを使用し、デッキ部分が広いオープンデッキになっているのが特徴です。

カヤックは、両側にブレードがついているダブルブレードパドルを使用し、デッキ部分は、クローズ型のものが多いですが、オープン型のシットオンタイプもあります。

シーカヤックとリバーカヤックの違いは、シーカヤックの方が波に対して安定性を高めるためにリバーカヤックよりも長く作られています。

犬とカヌーやカヤックを楽しむにはどっちがいい?

「犬と一緒に水上アクティビティのツアーを楽しみたい!でもカヌーとカヤック、どっちにしたらいいの?」こう思われた方は、参加したいツアーを行っている運営会社に相談してみるとよいでしょう。

愛犬の大きさと体重、カヌーやカヤックに乗る人数と頭数によって、1人乗り(シングル)、2人乗り(タンデム)、2〜3人乗り(カナディアンカヌー)があります。

・1人乗りで小型犬との参加の場合は、シングルカヤック

・2人乗りで中型犬との参加の場合は、タンデムカヤック

・2〜3人乗りで大型犬の参加の場合は、デッキがオープン型で安定性の高いカナディアンカヌーなど

犬とカヌー・カヤックツアーに参加する際の注意点

カヌーやカヤックの体験ツアーに参加する場合は、必ずツアーガイドの指示に従いましょう。

注意点1:水に濡れて当たり前!

カヌーやカヤックに乗る際には、体が水に濡れる可能性があります。愛犬が水に飛び込んだり、泳いでいる犬を船に引き上げる際に転覆することもありますが、これも愛犬と一緒に楽しめる水遊びの魅力の一つです。

注意点2:ツアー会社の注意事項をしっかり確認しておく

犬連れでカヌーやカヤックツアーに参加する際には、ツアー運営会社に連絡をする際に、必ず人間と犬に必要な持ち物や注意事項をしっかり確認しておきましょう。

運営会社によっては、犬のライフジャケットの貸し出しがあるところも、用意がないところもあります。また、ツアーの参加について、犬の大きさや体重の制限を設けている場合もあります。現地に向かう前に、必ず確認しておくことが大切です。

関東周辺の犬とカヌーやカヤックができるおすすめ4選

関東周辺でカヌーやカヤックができる体験ツアーをご紹介します。

都内で犬とカヌー・カヤックが楽しめる Wonderful Nature Village(わんダフルネイチャーヴィレッジ)

プールで有名な東京サマーランド内に併設されている「Wonderful Nature Village (わんダフルネイチャーヴィレッジ)」は、犬連れ向けの大型複合施設で、ドッグランやドッグプール 、レストランなどが充実しています。関東近郊までお出かけしなくても、都心から車で45分で大自然を満喫できるところが魅力的です。

施設内にある秋川湖では、カヌースラローム競技の元日本代表である小田弘美さんが設立したカヌー教室にて、カヌーとカヤック体験ができます。カヌー未経験者の方でも安心して参加できるところがおすすめです。

スポット名 Wonderful Nature Village(わんダフルネイチャーヴィレッジ)カヌー&カヤック
住所 〒197-0832 東京都あきる野市上代継白岩600番地(東京サマーランド内)
行き方 中央道八王子I.C.から約10km、圏央道あきる野I.C.から約3km
URL https://www.wnv.tokyo/intro/canoe
料金 大人(中学生以上)3,000円/こども(小学生)2,000円/犬は無料

完全予約制のため、事前予約が必要です。

20kgの以下のわんこまでOK!本栖湖でカヤック体験ができるアクアトレイル

https://www.instagram.com/p/B0uZ6S0AIlH/

本栖湖は、本栖湖ブルーとも呼ばれる水の透明度が高いことで有名な富士五湖の1つで、関東の人気水遊びスポットです。

ツアー運営会社の「AQUA TRAIL Outfitter Fuji(アクアトレイルアウトフィッターフジ)」では、カヤックの他にも、SUP(サップ)やスノーシューなどのアウトドアツアーを行っています。富士山を見ながら犬とカヤックを楽しめるおすすめのツアーです。

スポット名 AQUA TRAIL Outfitter Fuji(アクアトレイルアウトフィッターフジ)
住所 〒418-0104 静岡県富士宮市内野1551-51
行き方 現地に集合
URL http://www.aquatrail.com/sup.html
料金 シングルカヤック6,000円/タンデムカヤック10,000円(レンタル料金、ガイド料金、おやつ、保険、税込)

人間は11歳以上で体重が100kg以下であること、一人乗りのシングルカヤックの場合は、犬の体重が10kg以下、二人乗りのタンデムカヤックの場合は、犬の体重が20kg以下、大人しく座っていることのできる犬であることが、犬連れツアーの条件となっています。持ち物の指定があるので、事前に必ず確認してください。

日光、鬼怒川、那須で愛犬とカヌーが楽しめる「ネイチャープラネット」

「ネイチャープラネット」では、鬼怒川と男鹿川の合流する日光、鬼怒川エリアの小綱ダム湖、那須エリアの板室ダム湖の2ヶ所にて、犬とカヌー体験ができます。

シングルカヌー、タンデムカヌー、カナディアンカヌーと希望のタイプを選べる、関東だけでなく、全国的にも珍しいツアーを行っています。大型犬でも参加でき、カヌーの種類が多いところが特徴です。

スポット名 ネイチャープラネット 川治温泉カヌー体験ツアー(日光・鬼怒川エリア)/板室ダム湖カヌー体験ツアー(那須エリア)
住所 現地集合
URL http://www.nature-planet.com/contents/canoe/
料金 大人(中学生以上)5,500円/小人(小学生)4,500円/未就学児2,000円/犬1,000〜(ガイド料金、保険、税込)

※事前に犬の犬種や体重、参加頭数を連絡する必要があります。

標高1130mの池でわんこと半日カヤック体験ができる「ウインドスター八ヶ岳」紅葉シーズンにもおすすめ!

「ウインドスター八ヶ岳」では、小淵沢インターから約30分、標高1130メートルのヴィレッジ白州で、わんこと半日カヤック体験ツアーを行っています。八ヶ岳周辺エリアは、関東地方の中でも夏の避暑地として有名な場所ですが、標高の高い場所でカヤックの体験ができる珍しいツアーです。

体験コースは約2時間、GWと8月はおやすみですが、秋の紅葉シーズンもおすすめです。

スポット名 ウインドスター八ヶ岳
住所 〒408-0318 山梨県北杜市白州町上教来石平久保2124 ヴィレッジ白州内(※現地集合)
行き方 中央道小淵沢インターから約30分
URL https://sub-windstar8.ssl-lolipop.jp/mt8/?page_id=419
料金 小学生以上4,500円(4,250円)/未就学児2,800円(2,650円)/わんこ1頭2,800円(2,650円)、ガイド料金、機材レンタル、施設利用、保険、税込

インターネットから事前にツアー代金の決済を行うと割引料金となります。(括弧内は割引料金です。)

最後に

カヌーやカヤック体験は、普通の暮らしでは触れることのない非日常の出来事、愛犬と一緒に自然を楽しむことで、今よりもっと人間と犬の絆が深まるかもしれませんね。愛犬とウォータースポーツを楽しんでみてはいかがでしょうか?

今回は、関東周辺のカヌーやカヤックのツアーをご紹介しましたが、夏だけでなく秋の紅葉シーズンは、一面に彩る最高の紅葉を湖から見ることができおすすめです!