公開日
2018/07/06
更新日
2018/10/18

ワンちゃんにDHAはどんな効果があるの?

DHAという言葉はご存知の方が多いかと思います。
なんとなく頭に良いのかな?とか、脳に良いのかな?というイメージがあるのではないでしょうか。
今回は、DHAについてみていきましょう。

DHAとは

DHAはドコサヘキサエン酸(Docosahexaenoic Acid)と言い、略してDHAです。
青魚の魚油に多く含まれている脂肪酸です。
DHAは体内で作ることができないため、対外から取り入れる必要がある必須脂肪酸です。
脂肪酸は成分によって、常温で固まる飽和脂肪酸と常温では固まらない不飽和脂肪酸に分けられます。
DHAは不飽和脂肪酸です。
不飽和脂肪酸の中には、DHAとEPAとα-リノレン酸の3つから構成されるオメガ3脂肪酸というグループがあります。
DHAもこのオメガ3脂肪酸に含まれています。

DHAが含まれている食材

サプリメントだけではなく、食材にもDHAは含まれています。
DHAは基本的に青魚に多く含まれていて、サバ、サンマ、イワシ、マグロ、ブリ、鮭などが多く含まれています。
健康維持のために高齢のワンちゃんには、いつものご飯にトッピングしてあげると良いでしょう。

人用のサプリメントを与えても大丈夫?

ワンちゃん用サプリメントの場合、デメリットは特にないと考えられます。

人用のサプリメントをワンちゃんに与えるのはあまりおすすめしませんが、どうしても与えたい場合は、各メーカーや獣医師さんにワンちゃんに与えても良いのか確認してから与えてください。
人用のサプリメントのなかには、ワンちゃんにあまりよくない成分が含まれていることもあります。

ワンちゃん用のサプリメントは、ワンちゃんにとって良い成分を考えて配合されています。
同じDHAのサプリメントでも、人とワンちゃんでは含まれる成分が少しずつ異なるものもあります。
ですので、できたら人用とワンちゃん用でサプリメントを分けて与えてあげましょう。

サプリメントを与えるときの注意点

サプリメントは長期間、決められた量を与えることで効果が出てくる為、与え初めてすぐに効果が出ません。
1日や1週間だけ与えて、やめてしまう飼い主の方がいらっしゃいますが、定期的に長期間与えることで効果は現れてきます。

また、DHAは青魚の油から抽出しているため、青魚にアレルギーがある子には注意が必要です。初めて与える場合は、少量ずつ与え、異常が無いか様子を見つつ与えましょう。

DHAをこんなワンちゃんにおすすめ

DHAは痴呆症予防やがん予防の効果が期待できるので、高齢のワンちゃんやガンにかかりやすいゴールデンレトリバーやラブラドールレトリバー、ウエルシュ・コーギーなどの犬種におすすめです。
また、アレルギー症状を緩和してくれる効果も期待できるので、アレルギーを持っているワンちゃんにもおすすめです。
ただし、DHAは青魚から抽出していることが多いので、青魚にアレルギーがある子は注意が必要です。

DHAのサプリメントやおやつを選ぶポイント

ワンちゃん用のDHAのサプリメントやおやつは、多くの種類が販売されています。
そこで、サプリメントやおやつの選ぶポイントをいくつかご紹介します。

形状・種類で選ぶ

DHAを摂るためのワンちゃん用の食べ物はサプリメントやジャーキー、スティック、ゼリーなどいろいろなタイプのものが販売されています。
ワンちゃんに合ったものを選んであげましょう。

カロリーで選ぶ

DHAを与えるとき、サプリメントであればあまり気にする必要はありませんが、おやつタイプのものを与える場合はカロリーも気にして選んであげると良いでしょう。

成分で選ぶ

DHAが入っているサプリメントやおやつにはDHA以外にも様々な成分が含まれています。
原材料のところをよくチェックし選んであげると良いでしょう。

価格で選ぶ

DHAなどのサプリメントは、毎日与え続けてあげることで効果が現れます。
残念ながら1回だけとか短期間だったり、たまにあげたりと不定期だったりとかでは効果は現れません。
定期的に長期間与えることも考えて、価格を見て選んであげるのも良いでしょう。

まとめ

DHAは、脳の健康維持をサポートしてくれる働きもあります。
高齢のワンちゃんなどに、サプリメントやDHA入りのおやつを積極的に与えてあげると良いでしょう。
また、サプリメント以外にもDHAが含まれるサバ、サンマ、イワシ、マグロ、ブリ、鮭などをご飯にトッピングしてあげるのも良いでしょう。
ワンちゃんに、いつまでも健康で若くいてもらうためにも、飼い主さんがサポートしてあげましょう。