公開日
2021/06/23

犬心 糖&脂コントロールの原材料や成分、評判は?

高血糖や高脂肪のお悩みを持つ犬に適したフードがある?「犬心」いぬこころ〜糖&脂コントロール〜というドッグフードは実際にはどんな商品なの?国産の療法食というのは本当?原材料や与え方、評判などの口コミを調べてみました。

犬心(いぬこころ)はどんなブランドのドッグフード?

犬心(いぬこころ)はどんなブランドのドッグフード?

「犬心(いぬこころ)」は、ペットショップやホームセンターで並んでいるドッグフードとは異なり、療法食として開発された特色のある国産の療法食(ドッグフード)です。

今回は、「犬心」いぬこころ ~糖&脂コントロール~が、どのようなドッグフードなのか、原材料や栄養などの成分やインターネットでの評判や口コミについて調べてみました。

犬心(いぬこころ)は国産の「病気対応のドッグフード(療法食)」

「犬心(いぬこころ)」は、日本におけるキノコ研究で歴史のある大和菌学研究所が携わる「マッシュルーム・デザイン・スタジオ」が研究、製造、販売をおこなっている国産のドッグフードブランドです。

動物栄養学や一般的な化学知見に止まらず、大学や医療機関との連携によって、蓄積したノウハウをベースとしたドッグフード作りがおこなわれている特徴があります。

犬心シリーズには療法食としてさまざまなフードやおやつがある

犬心シリーズの中には、タンパク質やミネラルを制限した「低タンパクバランス」、がんや腫瘍に対応した「元気キープ」、高血糖と高脂血のトラブルに他対応した「糖&脂コントロール」、消化器トラブルに対応した「消化器ケア」、皮膚トラブルに対応した「皮膚サポート+」、シニア犬に多い脳神経や関節、活力のトラブルに対応した「シニアサポート+」といった療法食(ドッグフード)のラインナップがあります。

他にも、病気のワンちゃんにも安心して与えることのできる療法食おやつも取り扱っています。

人も食べられる療法食ドッグフード

犬心では自然の良さを活かし引き出すことをコンセプトにした、安全安心でナチュラルな品質基準のドッグフード作りが行われています。

新鮮で安全な原材料にこだわり、内容を壊さない製法で作られて、なおかつ、人も食べられる無添加でナチュラルな療法食のドッグフードです。

犬心「糖&脂コントロール」の特徴とは?

犬心「糖&脂コントロール」の特徴とは?

今回は、犬心の療法食(ドッグフード)シリーズの中から、高血糖と高脂血のトラブルに他対応した、犬心「糖&脂コントロール」について特徴をみていきましょう。

高血糖・高脂血が関わる7つのトラブルや病気に対応したナチュラル療法食

犬にはさまざまな種類の病気がありますが、その中でホルモンなどの内分泌系に関わる病気や代謝に関わる病気は、投薬で状態をコントロールするといった治療が行われます。

犬心「糖&脂コントロール」は、犬の高血糖と高脂血がかかわる、クッシング症候群、膵炎、甲状腺機能低下症、高脂血症、糖尿病、メタボ肥満、脂質代謝異常症の7つのトラブルや病気に対応している特別療法食として販売されているドッグフードです。

血糖コントロールと低脂肪で高血糖・高脂血に配慮

犬心「糖&脂コントロール」は、ブドウ糖や砂糖などの血糖値が上がりやすい糖質を除去し、糖の九州をブロックする食物繊維をバランスよく配合することで、糖尿病や肥満、病気を抱えるワンちゃんの血糖値をサポートするフードです。

また、血液検査で高めといわれることのあるコレステロールや中性脂肪などの高脂血に対しては、オメガ3脂肪酸を多く含み、酸化を防ぐことで、低脂肪かつ良質な脂肪を実現しています。

研究施設ならではの配合比率を実現

犬心は、菌やキノコの分野で歴史ある研究施設が開発に関わっているため、良質なタンパク質を摂取するために、300頭近い犬の便の状態や菌検査によって、犬が消化しやすいタンパク質の配合比率を研究したり、犬の腸にあった食物繊維や自社のハナビラタケを材料に加えたりするなど、菌やキノコの研究施設ならではの技術や材料が使われているところが最大の特色です。

βグルカン(ハナビラタケ)とLPSを十分量配合した世界初のドッグフード

菌の研究ならではの成分として、犬心はキノコなどに含まれる「真菌」に対する免疫系を刺激するといわれるβグルカンとパントエア菌由来の「抗・細菌」の免疫システムに働きかけるLPS(リポポリサッカライド)を十分量配合した、世界初のドッグフードです。

人も食べられるドッグフード

犬心は「人も食べられるドッグフード」を基準に企画・製造が行われています。

このため、食品添加物や酸化防止剤、防腐剤、合成調味料、着色料、肉骨粉、オイルコート、香料、肉魚の高温加工、残存農薬、乾燥肉、肉副産物は使用されていないため、安心して愛犬に与えることができる無添加のナチュラル療法食(ドッグフード)といえます。

自然そのまま製法

犬心は、自然を生かして引き出すために、肉や魚は旬の生のものをミンチにして、低温でじっくり乾燥させる、穀物は一部のみを炊飯する独自技術が採用されるなど、材料に対して個別の製法が用いられています。

ノンオイル&出来立てのフードが届く

犬心は市販フードに多く見られる粒の形を一定にして油で固める製法は行わず、オイルコーティングをおこなわないノンオイルの押し出し製法で製造された出来立てのドッグフードが配送されます。

全ステージ・全犬種用フード

犬心は、こだわりの国産特別療法食ですが、全犬種の全ライフステージで必要な栄養素を満たすように作られている総合栄養食です。

犬心「糖&脂コントロール」の原材料と成分値について

犬心「糖&脂コントロール」の原材料と成分値について

ではここからは、犬心「糖&脂コントロール」の原材料と成分値についてみていきましょう。

犬心「糖&脂コントロール」の主要原料

生肉(牛、鶏、馬、魚肉)、大麦全粒粉、玄米粉、サツマイモ、ホエイ、雑節(魚)粉、ココナッツ、煎りゴマ、ひまわり油、ハナビラタケ、冬虫夏草、とうもろこし、グレインガム、ビール酵母、乾燥おから、LPS、海藻粉末、L-リジン、脱脂粉乳、オリゴ糖、Ca粉末、DL-メチオニン、乳酸菌群

原産国:全行程日本

賞味期限:未開封で製造より1年

犬心「糖&脂コントロール」の成分値

粗脂肪5~9%、粗繊維5~8%、粗タンパク質23~27%、可消化性炭水化物40~45%、リジン約1.9%、L-カルニチン300ppm以上、ビタミンE400IU/kg以上、ビタミンC100mg/㎏以上、セレン約0.7mg/㎏、ナトリウム約0.3%、カリウム約0.7%、水分10%以下

エネルギー100g/325kcal

犬心「糖&脂コントロール」内容量は1袋1kg入

犬心「糖&脂コントロール」の内容量は1袋1kg入りです。大袋でないからこそ、酸化を防ぎ、高品質を保つことができるドッグフードです。

犬心「糖&脂コントロール」の与え方

犬心「糖&脂コントロール」の与え方

犬心「糖&脂コントロール」は、全ステージ全犬種用の特別療法食(総合栄養食)となっています。

<給与量の目安>

体重5kgの成犬の場合、1日あたり100g

体重10kgの成犬の場合、1日あたり160g

体重15kgの成犬の場合、1日あたり220g

体重20kgの成犬の場合、1日あたり280g

体重30kgの成犬の場合、1日あたり380g

犬心「糖&脂コントロール」の評判と口コミ

犬心「糖&脂コントロール」の評判と口コミ

犬心「糖&脂コントロール」の口コミをインターネット上でみてみると、療法食として販売されているだけに、ごはんが合わなくて困っている犬や病気を患っている犬、獣医師に低脂肪のフードを提案されたという飼い主さんからのコメントが多い印象でした。

評判の良い口コミ

お腹のエコーを撮ったところ、胆嚢に泥が見つかりました。 他にも健康トラブルがあり、少しでもサポートできないか調べたら犬心のフードに巡りあいました。 これから薬と犬心さんのフードと付き合いながら頑張っていきたいと思います。

15才のチワワの子に与えています。胆のうが悪く獣医師さんから低脂肪のフードに切り替えるように勧められましたが、市販のフードは食いつきが悪く、探した所犬心にたどり着きました。サンプルを与えた所もの凄い勢いで食べる食べる(笑)こんなに喜んで食べるマロン久々に見た気がしました。

犬心公式サイト「お客様の声」より

ただし、このドッグフードは購入先が限られているので、悪い口コミがみられにくいというデメリットもあります。

しかし、病気を心配する飼い主さんが不安になるような添加物などが使われていないこと、高血糖や高脂肪に配慮したフードであることも安心できます。

犬心「糖&脂コントロール」のデメリット

犬心「糖&脂コントロール」の評判悪い口コミは少ない結果でした。ここで考えられるデメリットを挙げてみたいと思います。

販売方法が限られている

犬心「糖&脂コントロール」は公式の通販サイトで販売されているフードで、市販品として店頭で購入することができません。実際に店頭で見ることができないことに対して、怪しさを感じる方もいるのかもしれません。

価格が高い(まとめ買いや定期コース購入すると安く購入できる)

犬心「糖&脂コントロール」は公式通販サイトにて購入できますが、1袋1kgで2,860円(税込)と市販品に比べると高級な療法食です。

こだわりの国産療法食なので、金額が高いのは仕方のないことともいえますが、少しでも安く購入するには、メーカーのまとめ買いや定期コースを利用するとお買い得になります。

犬心「糖&脂コントロール」の定期購入について

<まとめ買いや定期コース利用の場合、全て税込価格>

3袋(3kg)通常8,580円/まとめ買い7,150円/ 定期コース7,040円

6袋(6kg)通常17,160円/まとめ買い12,650円/ 定期コース12,540円

9袋(9kg)通常25,740円/まとめ買い17,600円/ 定期コース17,490円

12袋(12kg)通常34,320円/まとめ買い21,780円/ 定期コース21,670円

※定期コースのお届け間隔や休止、再開は自由に変更ですることができます。

犬心「糖&脂コントロール」のポイント

犬心「糖&脂コントロール」のポイント

・人も食べられる療法食(ドッグフード)

・クッシング症候群、膵炎、甲状腺機能低下、高脂血症、糖尿病、メタボ肥満、脂質代謝異常症に対応した、ナチュラル療法食

・無添加の国産ドッグフード

・グレインフリーではない

・全犬種、全ライフステージ対応フード

・エネルギー100g/325kcal、粗タンパク質23~27%、粗脂肪5~9%、粗繊維5~8%、水分10%以下

・血糖コントロールをしながら低脂肪かつ良質な脂肪を摂取できる

・βグルカン(花びらたけ)とLPS(リポポリサッカライド)を十分量配合した、世界初のドッグフード

・通常価格1kg/2,860円(税込)

・公式サイトのまとめ買いや定期コース購入で最大12,650円OFF

犬心「糖&脂コントロール」は、愛犬の気になる病気のサポートができる無添加で高品質なドッグフードです。

特にハナビラタケや特別なサプリメントをフードとは別にトッピングしている方は、犬心はドッグフードの中に含まれているので、このフードを与えることで他のトッピングをしなくて良いというメリットもあるでしょう。

愛犬が病気のときに少しでも犬の体に良いものを与えたいと思うのは飼い主さんの愛情です。

数ある療法食の中で、こんなフードもあるよ!ということを知っておくと、いつも与えていたドッグフードを食べなくなってしまったときの選択肢になりますね。

ドッグフードはどれだけ素晴らしい食材や製法で作られていたとしても、愛犬の体質に合うかどうかは実際に与えてみないとわからない部分もあります。

ドッグフードの選び方は以下の記事を参考にしてみてくださいね♪

<ドッグフードの選び方【成分表示の見方編】>

ドッグフードの選び方【成分表示の見方編】

安心・安全こだわりの国産ドッグフード7選

グレインフリーやグルテンフリーの英国産プレミアムドッグフード8選