公開日
2018/09/04

犬に氷をあげても大丈夫?与える時の注意点

暑い季節など、愛犬が喜ぶからとの理由で氷を与えている飼い主さんは多いようです。
私たちも暑い時にはかき氷などにして口にしますが、犬にも同じように氷を与えても問題ないのでしょうか?
そこで、今回は犬に氷を与えても大丈夫なのか、与えるとしたら注意する点などはあるのかなどを紹介していきたいと思います。

ワンちゃんはなぜ氷が好き?

犬の体温は、人の体温より平均で1度高いのが通常です。その為、夏の暑さも人よりも少し暑く感じています。
また、夏だけではなく冬場の暖房も同じで、人がちょうどいいと感じている室温では犬は暑いと感じている可能性があります。
そんな時に氷を与えてあげると、水を飲むよりも素早く身体を冷やすことが出来て犬も気持ちがいいのでしょう。

その為、氷が好きというよりも、氷によって身体を素早く冷やせることを好んでいるのだと思われます。
その他には、氷の持つ冷たさや滑るような感触を好む犬もいるようです。またその逆に、氷の冷たさに驚いて触ることすら嫌がる犬もいます。

ワンちゃんに氷をあげても大丈夫?

氷は水を凍らせた物ですから、犬に与えても特に問題はありません。
普通の水を凍らせただけの物であれば、毒になるような物は含まれていないはずですから、いつも使っている給水皿の中に入れてあげたり、そのままお皿などに乗せたりして与えてあげればいいでしょう。

但し、子犬の場合には氷を与えるのは控えるほうがいいかもしれません。
子犬は自分で体温調整を上手に出来ませんし、胃腸も成長段階で成犬と比べるとそこまで丈夫ではありません。
急激に身体が冷えてしまったことで、体調不良になってしまうかもしれません。必ずしも体調不良になるとは限りませんが、子犬のうちは念の為氷を与えるのは控えておいたほうがいいでしょう。

ワンちゃんに氷をあげるときのポイントと注意点

ワンちゃんに氷を与える時には、いくつか注意して欲しい点がありますので、それを紹介しておきます。

与えすぎには注意

先にも紹介した通り、氷自体は水の固まりですから与えること自体は問題ありません。
但し、氷は身体を内側から冷やす効果がありますので、暑さをしのぐ効果も期待出来る反面、内蔵を冷やし過ぎてしまう恐れがあります。
その結果、下痢や嘔吐を引き起こしてしまう可能性もありますので、犬が喜ぶからといって頻繁に与えすぎるのはよくありません。

もしも氷を食べた後に、元気がなかったりお腹を隠すように丸くなったりしていたら、体調不良を疑い様子をよく見てあげるようにして、必要に応じて動物病院に連れて行くようにしてください。
動物病院へ行く場合には、氷をどの程度与えたのか答えられるようにしておいてください。

丸飲みに注意する

氷はツルツルと滑りやすいので、遊び食べをしているとうっかり飲み込んでしまうことがあります。
小さな固まりであれば問題ないのですが、中途半端な大きさですと飲み込んだ拍子に喉に詰まらせてしまう可能性があります。
氷を与える時には、万が一飲み込んでしまっても喉に詰まらない程度の大きさにあらかじめ砕いておくか、うっかりでも飲み込むことがないような大きい固まりのまま与えるようにしてください。

適切な量はそのくらい?

犬に氷を与える時の適量はどの程度なのか、知っておくようにしましょう。

適量は飼い主さんが判断する

犬に氷を与える時の適量というものは、実は厳密にはありません。
これは犬の個体差にもよって変わってきますので、飼い主さんの判断次第になってしまいます。
人と同じように、犬にも胃腸の強い子と弱い子がいます。同じ量を与えても、何も問題ない子もいれば下痢をしてしまう子もいるでしょう。

それに加えて、氷を与える環境の温度によっても変わってきてしまします。
様々な要因がからんできますので適正量を決めるのは難しく、少しずつ与えながら飼い主さんがその犬に合った量を見極めていくしかありません。

1日辺りの必要水分量から判断する

犬が1日に必要な水分量は、体重(g)×0.05~0.07mlとなっています。
例えば体重が5㎏の犬の場合
・5,000g×0.05~0.07⇒250~350ml
この計算式から、1日に必要な水分量は250~350mlとなります。この量は最低限の必要量です。
この最低限の必要量と実際に飲んでいる水の量を踏まえた上で、与える氷の量を決めるのも1つの判断材料になります。

1日の摂取水分量は、最低限の量よりも多少多くなることは問題ありませんが、あまり水分を与えすぎたり異常なまでに水を欲したりするようであれば、何か病気にかかっているのかもしれませんので一度動物病院で診察を受けることをおすすめします。

冷たい水の上手な与え方

暑い時期には冷たい水をいつでもたっぷり飲めるようにしておきたいですが、長時間外出しなければならない時には、出掛けに氷を水に入れておいてあげてもすぐに溶けてしまいます。
そんな時には、ペットボトルに水を入れて凍らせた物を、犬の給水皿に直接入れて立てておきます。そこに水を入れておけば、ペットボトルの中の氷が給水皿の水を長時間冷たいままでキープしてくれます。
この方法を実行する時には、犬がいたずらしてペットボトルを倒してしまわないように、給水皿の形や大きさだけでなく、置く場所も考慮する必要があります。

まとめ

犬に氷を与えても問題ないのか、犬は氷が好きなのかなどについて紹介してきました。
暑い時期には、犬も人と同じように冷たいものが欲しくなりますので、熱中症予防にも適度に氷を与えるのは良いことだと思います。
但し、氷の与えすぎで体調不良になってしまっては元も子もありませんので、身体が冷え切らない程度に与える量を調整してあげることが大切です。

犬は冷たくて気持ちがよければいつまでも氷を欲しがってしまいますので、要求されるままに与えてしまい後から下痢をしてしまったということがないように、飼い主さんが気を付けてあげてください。