公開日
2018/10/09
更新日
2018/10/10

東京両国駅前に犬と人間が楽しめる複合施設オープン! AHBASEとRcafe192に初潜入!

今なにかと話題性に富んだ街、東京都墨田区両国。日本の国技である相撲の拠点となる両国国技館が駅前に荘厳な面持ちで迎えてくれます。
駅周辺は東京都の再開発プロジェクトの一環であり、葛飾北斎の生誕の地でもあるここ両国。おなじみの両国国技館を中心に新名所が次々と名を連ねています。東京都江戸博物館、すみだ北斎美術館、旧安田庭園。ビル群の隙間にふと見えるスカイツリーもまた存在の大きさを物語っています。その両国駅前にそびえたつ近未来的なNTTドコモ隅田ビル。その一角に今回話題のAHBASEとドッグカフェであるR café192がオープンしました。

AHBASEとは?

AHBASE And Human という視点で犬を中心に考えられたすべての犬にやさしい施設です。挫折禁止!をモットーに、多くの才能あるアーティスト、プロデューサーが集結した会社、代表伊勢谷友介さん率いるリバースプロジェクトがこのAHBASEに携わっています。今回10月2日のグランドオープンの前にDOGPAD編集部が初潜入して来ました。
9月はゆったりとした空気の流れ、スタッフの皆さまからもじっくりお話を聞けた絶好のチャンスだったように思えます。
そのすべてを余すことなくリポートしていきたいと思います。

AHBASE 人と犬の共存

ヘルスケア、ドッグホテル、トレーニングをメインとするサービスに加え、カフェ(Rcafe192)を併設したドッグパークという概念で創り上げられたこのAHBASE。
一階の中心部にはこれぞインスタ映え!なセミナースペース。

デイタイムの映画会やナイトタイムの音楽セッション、週末のワークショップや勉強会など、犬と暮らす人も、そうでない人も、自由にコミュニティの輪を広げられるスペース
として設計されたそうです。もちろん愛犬がくつろげる大型クッションやその他水飲み場、アイテムなどが完備されています。

愛犬とともに生活する、ともに仕事ができる空間を。天井が高く洗練されたつくりであると同時に、バイリンガルスタッフの在中や、犬の健康を考えられた酵素ドリンク、オーガニックフードの販売など、人と犬、両方のニーズに合った細やかなサービスが施されています。

AHBASEのココがすごい!

AHBASEにはブリーディングを終えたファザードッグ、マザードッグ、そしてハンディキャップやさまざまな個性を持った犬たちが集まっています。その日のその時間に一緒に遊ぶことのできる犬のプロフィールがボードに貼られています。どの犬も穏やかでしつけが行き届いています。もちろんワクチン接種などきちんと済ませた上で遊ばせましょう。
獣医師も在中しているのでワクチン接種など、その他の健康相談や受診も可能です。
あたたかみがあるウッド調のスペースにてAHBASE犬との触れ合い、両国の街を一緒に散歩することもできます。またこれから犬を迎えたいと考える方の家族として迎え入れていただくことも可能だそうです。

マザードッグのタレ目がチャームポイントのタレちゃん。
騒ぐことなく穏やかに爪切り中

AHBASEのヘルスケアサービス

愛犬の健康状態、心配な点を獣医師がチェック、カウンセリング、メディカルケアをしてくれます。その他混合ワクチン、狂犬病ワクチンの接種やフィラリアなど予防薬も処方可能となっています。
自宅では難しいなという飼い主さんのための爪切り、肛門腺絞り、耳掃除といったサービスも各500円という適価で受けられます。
またセルフウォッシュもできるので自宅のお風呂場ではちょっとという飼い主さんはぜひ。ドッグカフェで楽しむ傍ら、愛犬のケアもできるのがAHBASEであり、R cafe192です。
年会費は税込35,000円です。

AHBASE 飼い主さんの自由時間のサポート

一階に打ち合わせ可能スペースがあることから、どうしても長引いてしまう仕事のミーティングなどを考慮し、犬が飽きてしまうなどのストレス状況を作らないためにも一時間単位で預かってもらえる留守番サポート、また出張などの際にはドッグホテルの利用も可能です。オプションでヘルスケアサービスやトレーニングもその時間に受けられます。
飼い主さんなら誰もが思う常に一緒にいたいを、仕事をしながら犬を飼うことを可能にするAHBASE。愛犬との生活にうまく取り込むことで、より一層犬との生活が楽しめます。

AHBASE 併設のドッグカフェ

AHBASEを目指すとまず目に入ってくるのが一階のエントラスから自然光豊かに取り込んだドッグカフェであるRcafe192(アールカフェ192)です。BORDERLESS(ボーダーレス)をテーマにしたRcafe192はドッグカフェとしてだけではなく、国籍、年齢、性別問わず利用できる約50席あるカフェスペースです。東京にいるということを忘れさせてくれる穏やかな空気の流れ、美味しい食事は犬だけでなく飼い主さんの憩いの場としてもおすすめです。

おしゃれな空間だけにとどまらず、健康志向やボーダーレスをしっかり取り入れ提供されるメニューはビーガン、グルテンフリーもチョイスができます。
セルフオーダーのため愛犬を連れている方は最初戸惑ってしまうかもしれませんが、声をかければ、スタッフさんが丁寧にサポートしてくれます。犬用のお水ももちろん用意していただけます。
Rcafe192 メニュー

Rcafe192オリジナルカフェマット(販売あり)

Rcafe192オリジナルサーモカップ

AHBASEのココがおしゃれ!

基調となっているサービスのアイコンは両国ならでは!とも言える象徴「土俵」からイメージを創り上げたそう。

土俵の中に各サービスの案内があります。

ウッドチップが敷き詰められたドッグランがあります。

歴史を感じられる街にできた新スポット。愛犬と楽しむ、カフェを楽しむ、歴史巡りのひとやすみになど様々な用途に合わせて利用できる複合施設です。これから犬を迎えようと思っている方、飼ったばかりでしつけに悩む方、情報交換の場としても非常に有意義な時間を過ごせる、そんなAHBASEであると思います。

サービス概要(施設コンテンツ)
◆DOGGIES ROOM(ドギーズ ルーム):カフェのドリンクを飲みながらお部屋スペースで犬とふれあえるサービス
◆DOGGIES WALK(ドギーズ ウォーク):両国の街を犬とお散歩をして仲良くなれるサービス
◆DOGGIES SCHOOL(ドギーズ スクール):犬と飼い主さまのためのトレーニング&マナー講座
◆DOGGIES HEALTHCARE(ドギーズ ヘルスケア):ランチのついでに利用できる予防のためのヘルスケアセンター
◆DOGGIES STAY(ドギーズ ステイ):犬をお預かりして飼い主さまの自由時間をサポート
◆DOGGIES SHOP(ドギーズ ショップ):犬の健康を第一に考えた日々の生活をサポートするためのグッズ販売

ショップデータ
AHBASE(エーエイチベース)
住所:東京都墨田区横網1-9-2 NTTドコモ墨田ビル低層棟
電話:03-5809-7786
営業時間:11:00 – 18:00(土日祝10:00 – 18:00)
URL:AHBASE
Instagram:@AHBASE_ryogoku

Rcafe192(アールカフェ192)
住所:東京都墨田区横網1-9-2 NTTドコモ墨田ビル低層棟
電話:03-5637-7414
営業時間:11:00 – 21:00(土日祝10:00 – 18:00)
URL:URL:Rcafe192
Instagram:@Rcafe_192