公開日
2020/09/10
更新日
2020/10/14

犬の気持ちを読み取ろう!ワンちゃんが出すサインに隠された意味

ときどき見かける愛犬の不思議なサイン。愛犬たちは私たちに、何を伝えようとしているのでしょうか。犬たちが見せる不思議なサイン、ボディランゲージが何を表しているか、ご紹介いたします。

愛犬の気持ちは、愛犬のサインでわかる?!

犬は言葉を使わない「非言語動物」です。ですが、犬たちはきちんと自分の気持ちを相手に伝えようとしています。

犬たちはボディランゲージという、体全体を使ったしぐさで、相手に自分の気持ちを伝えます。

私たちが「何でそんなポーズをしているの?」と思うものも、愛犬が飼い主さんへ伝えたい「メッセージ」かもしれません。

犬たちは私たちにどのようなことを伝えているのでしょうか。

犬たちのボディランゲージ(サイン)を探ってみましょう。

愛犬が出す不思議なサインを解説!

犬たちはどのようなサインを私たちに出しているのでしょうか。犬たちのサイン、ボディランゲージとその意味の一例をご紹介します。

お散歩中におなかを見せて地面に転がる

お散歩中に愛犬が急に地面に転がって、おなかを見せることがあります。

飼い主さんから見ると「駄々をこねている」ように見えるこのサイン。

実は、飼い主さんにリードを引っ張られたり、前にぐいぐい行こうとすることを注意されたりしたときに「怒らないで」と、自分が無抵抗であることを表すために転がっているのです。

決して駄々をこねているわけではないので、叱らないであげてください。

横目でチラチラと見る

愛犬が飼い主さんのことを、横目でチラチラ見ているときは「飼い主さんと遊びたいけれど、今は忙しいのかな?」このような気持ちを表しています。

また、飼い主さんが洗濯物をたたんでいるときなどに、横目でチラチラ見ているのは「そのタオル、いつ奪おうかな」と、欲しいものを手に入れるために、相手の様子をうかがっている場合もあります。

お散歩中やドッグランで振り返ってこちらを見る

飼い主さんと愛犬の間に距離があるとき、振り返ってこちらを見ている場合は「飼い主さんはきちんといるかな?」「ちゃんとついてきているかな?」など、確認の意味があります。

振り返ってこちらを見てから、歩き出したり遊びしたりするのは、飼い主さんの所在を確認できて安心したため、散歩や遊びの続きを始めたと考えてよいでしょう。

お散歩中に斜めになって歩く

まっすぐに歩けば楽なのに、わざわざ斜めになってリードを引っ張りながら、愛犬が歩くことがあります。

このようなときは、愛犬の興味を引くものが、近くに存在する場合があります。

例えば、前からワンちゃんが来るなどを見て「そっちへ行ってみたいんだ!」という意思表示と考えてよいでしょう。

何もない場合は「自由に歩かせて!」という意思表示の場合もあります。

体をぶるぶるっと振るう

愛犬の体に水がついているときなどにやるしぐさ、からだをぶるぶるっと振るうサインは、ストレスの発散を意味することがあります。

体に水などがついていないときにぶるぶるっと振るう場合は、とても緊張をしていたと考えてよいでしょう。

犬たちは自分の緊張をほぐすために、体をぶるぶるっと振るわせます。

飼い主さんに叱られた後やカメラを向けた後、初めて会ったワンちゃんや人と接触した後などによくみられるしぐさです。

ちょっぴり豆知識【同じ行動を繰り返す動物たち】

動物園などで、オリの中の同じ場所を、何度も行ったり来たり、同じ行動を繰り返している動物を見たことはありませんか?

実はあの行動、ストレスがたまりすぎてしまっている状態を示しているのです。

同じことを繰り返す行動を「情動行動」といい、自然の中ではほぼみられない行動なのです。

これは動物園だけではなく、ストレスが極度にたまると愛犬達も同じように、この異常な行動を示します。

愛犬のストレス発散!丈夫で壊れにくい犬のおもちゃおすすめ9選

ただ、認知症も同じ行動を繰り返すため、シニア犬が同じ行動を繰り返すのなら、情動行動と考えるよりも、認知症によるものと考えた方がよいでしょう。

最後に

犬と一緒に暮らしていると「どうしたの?」と言いたくなるような、不思議な行動を、愛犬がすることがあります。 今回ご紹介をさせていただいた「愛犬の不思議なサイン」は、ほんの一例ですが、愛犬の気持ちを理解するための参考にしていただけたら幸いです。