公開日
2020/10/19

愛犬が突然見せるしぐさ、犬たちは何を伝えているのだろう

「どうしたの?!」と聞きたくなる、不思議なしぐさを愛犬たちはすることがあります。今回ご紹介をするしぐさは、飼い主さんに嬉しさや愛情表現をするときに見られるものをご紹介します。

犬のしぐさは愛犬からのメッセージ

犬のしぐさは愛犬からのメッセージ

振り向くとおかしな顔やポーズをして、こちらを見ている愛犬。

おもわず2度見してしまうことがあります。愛犬家の皆さんなら、このような経験をしたことがあるのではないでしょうか。

私たちが笑ってしまうような面白いしぐさも、犬たちにとって意味があるメッセージなのです。

愛犬たちはどのようなことを、私たちに伝えたいのでしょうか?

愛犬のメッセージに、耳を傾けてみましょう。

これはどんな意味?愛犬が見せるしぐさを解説!

犬たちがみせる不思議なしぐさの解説をいたします。

飼い主さんにお尻をくっつけて座る

飼い主さんにお尻をくっつけて座る

ソファーやカーペットの上に座っていると、そっと愛犬がお尻をくっつけて一緒に座っている。このような経験をしたことはありませんか?

飼い主さんに愛犬がお尻をくっつけて座るしぐさは、「飼い主さんのことが大好きだから、一緒にいたいんだ」という意味があります。

愛犬が、飼い主さんにお尻をくっつけて座るしぐさは、一時も飼い主さんと離れたくないという、とても愛らしい気持ちを表すしぐさです。

口を膨らませて変な顔をする

口を膨らませて変な顔をする

愛犬の顔がいつもと違う?よく見ると口を少し開いて、マズルをぷっくり膨らませている。このように、マズルを膨らませてコミカルな顔をすることがあります。

これは、これから何が起こるか、ワクワクしている状態です。

少しでも多くの匂いを体に取り込み、これから起きる「何か」の情報を得ようとしているのです。

前足を片方だけ上げて止まっている

前足を片方だけ上げて止まっている

愛犬がふとした瞬間に、前足を片方だけ上げてフリーズすることがあります。

このしぐさを見ると「怪我でもした?」と思われる飼い主さんもいらっしゃると思います。もちろん痛みがある場合も足を上げますが、しぐさの場合は2種類の意味があります。

ひとつめは「パピーリフト」といい、「この状況、どうしたらいいかわからない」と、主に困惑している状態のときに見られます。

もうひとつは、狩猟犬など狩りが得意な犬に見られる「獲物を見つけた!」というシグナルです。

見つけた獲物など、気になるものに集中しているときに、見られるしぐさです。

本を読んでいると愛犬が頭や手を乗せてくる

本を読んでいると愛犬が頭や手を乗せてくる

リラックスタイムに本や新聞などを読んでいると、愛犬が本などに顔や手を乗せてくることがあります。

読んでいた活字が愛犬の被毛で埋め尽くされ、迷惑な気持ちよりも、なんとも愛犬を愛らしく感じることがあります。

これは、飼い主さんと一緒に何かをしたいという、気持ちを表しています。

また、「もっとボクに注目してほしいな…」という気持ちも含まれています。

飼い主さんのことが好きだからこそ現れる、愛おしいしぐさのひとつです。

後ろ足で立ち上がりジャンプする

後ろ足で立ち上がりジャンプする

後ろ足でぴょんぴょんと跳ねる愛犬。

嬉しくて飼い主さんに飛びつくこととは別に、後ろ足で立ち上がり、飛び跳ねるしぐさをすることがあります。

「芸達者?」と思われるかもしれませんが、これもきちんとした愛犬からのメッセージなのです。これは、興奮をして嬉しさを表しているしぐさです。

嬉しそうな顔をしてジャンプしている愛犬を見ていると「興奮して喜んでいるのかな?」と思いますよね。

基本的には、そのまま受け取っていいでしょう。

ただ、愛犬がこのしぐさをしたときに、飼い主さんが喜んでおやつを与えるなどすると「飼い主さんが喜ぶから後ろ足で跳ねるんだ!」というように、意味合いが変わってくることもあります。

最後に

犬たちがみせるしぐさの意味をしると、愛犬をより愛おしく感じるようになります。

素直で純粋、飼い主さんのことをひたすら愛する愛犬たちの声に、耳を傾けてみてください。 ステキなメッセージを愛犬たちは私たちに、伝えてくれているのです。