公開日
2018/09/20

犬の十戒〜犬を飼う前に知って欲しい10のこと〜

「犬の十戒」は、愛犬家の方であれば、一度は見聞きしたことがあるかもしれません。毎日愛犬と暮らす方も、これから犬と暮らそうと考えている方も、犬からのメッセージとお願いに耳を傾けてみて下さい。今回は、犬の十戒についてご紹介します。

犬の十戒とは

「犬の十戒」は愛犬家であれば、一度は見聞きしたことがあるかもしれません。犬の十戒は、作者不詳で、日本を含め世界中に広まった英文の詩ですが、この詩はノルウェーのブリーダーが、新しい飼い主さんに渡す「犬からご主人への11のお願い」が原典になっているとされています。元々は、ブリーダーさんが生まれてから大切に育てた子犬を、新しい飼い主さんに一生大切にしてもらいたいという、犬への大きな愛情が込められた愛犬家の言葉なのです。

非常識な、犬の気持ちがわからない飼い主がいなくなれば、辛く悲しい、寂しい思いをする犬がいなくなり、人間と楽しく日々を過ごせる犬が増えるのではないでしょうか?犬から新しい飼い主さんへのお願いのメッセージに耳を傾けてみて下さい。

犬の十戒のご紹介(日本語訳)

様々な訳で紹介されていますが、今回は「犬からのおねがい」ということを意識してやさしい言葉を使って訳してみました。
表現が異なる点もありますので、原文から自分なりに読み取ってみるのもいいと思います。

1.My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you get along with me.

わたしの一生は、たった10年から15年しかありません。あなたから離れることはとても辛いことなんです。どうか、一緒に暮らす前にそのことを覚えておいてほしいです。

2.Give me time to understand what you want of me.

すぐには覚えられないから、ゆっくり教えてください。

3.Place your trust in me- it’s crucial to my Well-being.

どうかわたしを信用してください。それだけでわたしは幸せです。

4.Don’t be angry at me for long and don’t lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.

わたしに長い時間、怒ったり、罰で閉じ込めないでください。あなたには仕事、娯楽、友達がいますが、わたしにはあなただけが頼りなのです。

5.Talk to me. Even if I don’t understand your words, I understand your voice when it’s speaking to me.

わたしにいつも話しかけてください。たとえ言葉は分からなくても、気持ちは伝わっています。

6.Be aware that however you treat me, I’ll never forget it.

覚えておいてください。どんなふうに私を扱ってくれたか私は絶対忘れません。

7.Remember before you hit me that l have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.

わたしを叩く前に思い出してください。わたしには鋭い歯があって簡単にあなたを傷つけられる。けれど、本当はそんなことしたくはありません。

8.Before you scold me for being uncooperative, obstinate, or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I’m not getting the right food or I’ve been out in the sun too long or my heart is getting old and weak.

わたしが言うことを聞かなかったり、ガンコだとか、ぐうたらだと言って怒る前に、「何か理由があるのかもしれない」と考えてみてください。もしかしたらそうなる原因があるかもしれません。

9.Take care of me when I get old ; you, too, will grow old.

一緒に老いていく中で、わたしが老いてしまっても世話をしてください。

10.Go with me on difficult journeys. Never say, “I can’t bear to watch it .” or ” Let it happen in my absence.” Everything is easier for me if you are there. Remember I love you.

最後の最後まで、わたしの側にいてください。「もう見ていられない」とか「私がいない間に死んでくれた方がいい」などと言わないでください。あなたが一緒にいてくれるだけで安心するのです。
そして、これだけは忘れないでください。わたしはいつまでもあなたを愛しています。

愛犬への感謝の気持ちをいつまでも忘れずに過ごしましょう

人間は犬にたくさんの愛情を注ぎます。反対に、飼い主さんが辛く悲しい気持ちの時に、犬が近くに寄り添ってくれたことはありませんか?人間は愛犬と過ごすことで、知らない間に犬達からさまざまな癒しと愛情をもらっているのです。いつも一緒に過ごしてくれてありがとう。という愛犬への感謝の気持ちをいつまでも忘れずに過ごしましょう。