公開日
2018/12/21

ワンちゃんがテレビを見るのはなぜ?

犬がテレビを見る理由ってあるのでしょうか?ワンちゃんがテレビの内容をどれぐらい理解しているのかどうかはわからないものの、テレビをじっと見ていたり、テレビに向かって首を傾げている場面を目撃する飼い主さんは多いです。今回は、犬とテレビについてご紹介します。

犬がテレビを見るのはなぜ?

テレビに興味を持つ犬もいれば、全く興味を持たない犬もいます。自分の愛犬がテレビを見ているのを見かけたことがある場合、ワンちゃんがテレビを見ている時はどんな場面を放送している時ですか?今までに実際に目撃した例や動画サイトにアップロードされている人気動画の例を挙げると、

  • 動物を扱うテレビ番組で、他の犬や猫が登場するとじっと見ている
  • 「きょうの◯◯◯」や「◯◯◯◯◯3分間クッキング」のオープニングテーマが流れるとテレビの前にやってくる
  • 某有名通販サイトの社長さんの声に異常に反応している
  • サッカーの中継のボールを追いかけてテレビに鼻を押し付ける
  • CGの恐竜が戦うシーンで、恐竜の雄叫びに後ずさりしてテレビを見なくなる
  • 母犬が子犬の子育てをする映像で、子犬達の鳴き声に反応して子犬を探す動作を見せる

個体によっては全くテレビに興味を示さない場合もありますが、上記の場面で、犬が強くテレビに反応している場面や動画を見たことがあります。犬がテレビを見る理由は、目で見ているものを追いかけるからだと言われていて、さらに犬は視覚だけでなく聴覚を使った音も判断できるので、テレビから流れる映像と音に反応して、犬がテレビに興味を示すのです。

どこまでテレビの内容を認識している?

では、ワンちゃんがどこまでテレビの内容を認識しているか、というと、ドラマなどのストーリーを把握することはなく、単に動いている映像や聞こえてくる音に興味を持っているという程度の認識だと考えられています。

犬にはテレビの映像がカクカクして見える?

犬は動体視力が良いので、人間向けのテレビの映像は、パラパラ漫画や昔の古いフィルムのようなカクカクした映像に見えるという研究報告もあります。しかし、最近は技術の進歩からテレビのドット数も格段に上がり、とても滑らかな映像になっているので、犬にとってテレビの映像が変な見え方をしているとは言い切ることはできないでしょう。

人間と犬は色覚が違う

人間は3色型色覚、犬は2色型色覚で、人間と犬は色覚が異なる理由から、テレビの映像を認識できていないという説もありますが、人間と暮らしている犬だけでなく、どの犬にとっても2色型色覚の世界は普通で、色覚が異なるので、テレビを認識できないということも言い切ることはできないのではないでしょうか。

飼い犬向けのテレビやCMがある

海外では、大手食品メーカーがドッグフードの広告として、犬にしか聞こえない周波数を使ったCMを製作し、犬がテレビCMに興味を持つことで、飼い主さんにドッグフードをアピールする狙いだったそうです。その他にも、海外には犬向けの専門番組「DOGTV」もあります。

テレビを見る犬と見ない犬の違いは?

テレビを見る犬と見ない犬の違いは、犬の性格や興味の個性によるものだといわれています。サイトハウンド系の犬種や、狩猟本能の強い犬種はテレビを見る傾向があるようですが、全ての犬に当てはまる訳ではありません。

テレビ好きな犬は好きな番組もある?

ワンちゃんが好きな番組があるようだと飼い主さんが思う場合、ワンちゃんが動物系の映像番組を頻繁に見ていて、動物の映像が動くことを学習して習慣化されているケースや、テレビの動きを追いかける興味が出ている、オープニングの音の反応が日々のルーティーンとなっていて、日常でテレビを見るようになっているという理由が考えられます。

犬がテレビを見ている時に気をつけたいこと

ワンちゃんがテレビの映像を見ることでテンションが上がって、液晶テレビを引っ掻いたり、テレビを倒したり、テレビ画面に激突しないように気をつけましょう。その他は、犬がテレビを見ている時は、脳への強い刺激を減らすために、人間の子供と同じ扱いで、激しいフラッシュ映像などを暗い部屋で見せないようにすることも必要かもしれません。

まとめ

※写真はイメージです。

ワンちゃんがテレビを見る本当の理由は犬達にしかわからないことですが、興味を持っているから画面に釘付けになるのは間違いありません。人間もお絵描きが好きな子供、テレビゲームが好きな子供、読書が好きな子供とさまざまです。犬もテレビに興味を持っているワンちゃんもいれば、全く興味がないワンちゃんもいるので、テレビへの興味の強さは犬の個性や性格が影響するといえるでしょう。