愛犬と行く!冬でも利用できるキャンプ場【北海道・東北】

冬に犬と利用できるキャンプ場があるのをご存知ですか?
犬と一緒にアウトドアを満喫できるキャンプ場は、日本全国にたくさんあります。犬連れキャンプといえば、一般的には春、夏、秋がメジャーですが、ベテラン犬連れキャンパーさん達の中には冬でも犬とキャンプを楽しむ強者もいます!
今回は北海道・東北地域の冬でも犬と利用できるキャンプ場をご紹介します。
凍死しないように、一酸化炭素中毒にならないようにきちんとした装備をして、バンガローを利用するなど万全な状態で犬連れ冬キャンを楽しんでください!

北海道

オートリゾート 苫小牧アルテン

オートリゾート苫小牧アルテンは、北海道内で最大のオートキャンプ場で冬でも1年中キャンプができ、犬も入場もOKなので犬連れ冬キャンもできます。ただし、犬が入場できるのは、からまつサイトのみで、屋内施設の中には入ることができません。電源や水道が使えるサイトなのでしっかり装備をすれば安心です。キャンピングカーもOKです。

名称:オートリゾート 苫小牧アルテン
ペット可の範囲:からまつサイトのみ利用可、屋内施設は入場禁止
住所:〒059-1265 北海道苫小牧市樽前421-4
料金:4月〜10月は5,775〜6,300円、11月〜3月までは半額
TEL:0144-67-2222
ホームページURL:オートリゾート 苫小牧アルテン

ニセコサヒナキャンプ場

ニセコの自然と景観を大切に作られた手作りのキャンプ場で、通年オープンしています。キャンプ場内はリードをつけていれば利用できます。ケージと敷物があればバンガローにもペット同伴で宿泊できるので、冬でも暖かい部屋で犬と一緒にキャンプを楽しめます。自然との一体感を感じることのできるキャンプ場です。

名称:ニセコサヒナキャンプ場
ペット可の範囲:バンガロー内もケージと敷物があればOK
住所:〒048-1321 北海道磯谷郡蘭越町字湯里224-19
料金:大人800円、子供500円、冬場暖房費が200円加算、フリーサイト800円、カーサイト2,700円、バンガロー4,900円〜
TEL:0136-58-3465
ホームページURL:ニセコサヒナキャンプ場

青森県

鰺ヶ沢キャンピングパーク

鰺ヶ沢キャンピングパークは岩木山麓の標高260mのところにある日本最大級のキャンプ場です。テントサイト、バンガローは5月1日から10月31日までの営業ですが、冬季の間もログハウスは営業しています。ログハウスにはペット同伴OKの棟があり、4頭まで同伴OKで必ず事前予約が必要です。ドッグランも併設されているので、ワンちゃんにも嬉しい施設です。

名称:鰺ヶ沢キャンピングパーク
ペット可の範囲:バンガロー内もケージと敷物があればOK
住所:〒038-2712 青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字長平町字甲音羽山65
料金:4名まで12,000円、6名まで15,000円、ペット料金1,200円
TEL:0173-72-1571
ホームページURL:鰺ヶ沢キャンピングパーク

岩手県

岩手山焼走り国際交流村

岩手山焼走り国際交流村にはキャンプ場とオートキャンプ場がありますが、営業は4月下旬から11月上旬まででクローズしていますが、併設されているペット可キャビンでは、ワンちゃんも一緒に冬季も宿泊することができます。暖房を完備しているので寒い冬も暖かく過ごせます。キャビンには、必要なものがほとんど備え付けられているので、調理器具や食器も用意する必要がありません。

名称:岩手山焼走り国際交流村
ペット可の範囲:キャビン内OK
住所:〒028-7113 岩手県八幡平市平笠24地割728
料金:5,150円〜
TEL:0195-76-2013
ホームページURL:岩手山焼走り国際交流村

宮城県

大倉ふるさとセンターキャンプ場

大倉ふるさとセンターキャンプ場は、大倉ダムに面している、仙台市が運営する生涯学習施設で20サイトまで利用でき、通年を通してオープンしています。1年を通してイベントが開催されているので、里山の風景を感じながらキャンプができます。

名称:大倉ふるさとセンターキャンプ場
ペット可の範囲:事前に連絡を入れればOK
住所:〒989-3213 仙台市青葉区大倉字若林14-2
料金:1区画1区分につき510円
TEL:022-391-2060
ホームページURL:大倉ふるさとセンターキャンプ場

秋田県

とことん山キャンプ場

秋田県内は冬季にオープンしている犬連れOKのキャンプ場が少ないですが、そんな中通年オープンしている貴重なキャンプ場です。犬はコテージなどの室内に入ることはできないので、冬のキャンプとなります。レンタル用品は冬季利用できない場合もあるので、きちんとした冬キャン装備を持っている、犬を連れてキャンプをする覚悟のあるキャンパーさんにおすすめです。

名称:とことん山キャンプ場
ペット可の範囲:建物の内はNG
住所:〒012-0183 秋田県湯沢市皆瀬字新処106
料金:大人820円、小人410円
TEL:0183-47-5241
ホームページURL:とことん山キャンプ場

山形県

小町の湯 やまぼうし

山形県は、通年で冬季営業していてかつ犬が入れるキャンプ場はありません。小町の湯やまぼうしは、キャンプ場の雰囲気を味わうことはできませんが、コテージ宿泊棟があり、ワンチャンと一緒に過ごすことができます。広々としたお部屋が特徴で、和室10畳+和室12.5畳と和室8畳+和室10畳の2タイプがあります。

名称:小町の湯 やまぼうし
ペット可の範囲:コテージ内のみ2頭までOK
住所:〒992-0075 山形県米沢市赤芝町1472-1
料金:大人8,790円、小学生5,940円
TEL:0238-32-2277
ホームページURL:小町の湯 やまぼうし

福島県

森と湖のドッグリゾート&スパ エンゼルフォレスト那須白河

エンゼルフォレスト那須白河(旧羽鳥湖高原レジーナの森)はキャンプスタイルから、グランピング、コテージ、ログハウス貸別荘風と好きなスタイルで愛犬と過ごすことができるリゾート施設です。冬は自分と愛犬の身体のことを考えると、暖かいコテージをおすすめします。

名称:森と湖のドッグリゾート&スパ エンゼルフォレスト那須白河
ペット可の範囲:ドッグヴィラスイートは最大6頭までOK
住所:〒962-0692 福島県岩瀬郡天栄村羽鳥湖高原
料金:コテージ14,000円〜
TEL:0248-85-2552
ホームページURL:森と湖のドッグリゾート&スパ エンゼルフォレスト那須白河

まとめ

北海道から東北地域は通年営業でペットがOKのキャンプ場は非常に少ないです。冬に北海道から東北地域でキャンプをするには、きちんとした装備と極寒に耐える覚悟が必要です。さらに愛犬を連れて行くのであれば、寒さから守るため、通気口のあるテントとストーブなどの暖房設備も必要です。

装備がないのであれば、自分と愛犬の身体のために、冬のキャンプ場は諦めて、コテージやペンションに泊まることをおすすめします。