公開日
2020/03/04
更新日
2020/04/04

【認知症予防にも】ワンちゃんにおすすめの知育玩具9選

犬にも知育玩具(知育トイ)があるのをご存知ですか?ワンちゃんに知育玩具(知育トイ)を使って遊ばせることで、刺激を与えて新しいことを学習させることができます。今回は犬のおもちゃの中でも、飼い主さんと一緒に遊びながら、犬が頭を使う「知育玩具(知育トイ)」についてご紹介していきます。

頭を使うとどんなメリットがあるの?

犬の脳に新しい刺激を与えることで、さまざまなメリットが期待できます。ドッグランなどに行き、からだを動かし体力を使って疲れさせる刺激の他にも、ワンちゃんが頭を使うことで脳に刺激を与える遊びもあります。

知育玩具(知育トイ)と呼ばれる犬のおもちゃは、中にフードやおやつを入れてワンちゃんに遊ばせます。知育玩具を使う遊びは、人間の子供と同じで、どうしたらおやつを食べられるのか?と考えること自体がワンちゃんの学習となります。

認知症予防になる

犬の知育玩具(知育トイ)は、子犬や成犬の学習の他にも、ワンちゃんの認知症対策に効果があるといわれており、最近注目の犬のグッズとして人気があります。

知育玩具は、犬の頭をフルに使って考えさせることで、「おやつを探す」という意欲を持たせて、ワンちゃんの脳を刺激することができるのです。認知症になったワンちゃんには、適切な運動と、適度な脳への刺激が必要であるともいわれており、脳への新しい刺激によって、脳の活性化を促すことができ、これが認知症の予防となります。もしかして愛犬が認知症かも?と思ったら、知育玩具を試してみるのもオススメです。

健康維持ができる

犬にお留守番をさせる機会が多く、ワンちゃんにストレスは溜まっていませんか?運動不足になって問題行動を起こしていませんか?犬を疲れさせて、夜はゆっくり寝かせてあげることも、健康維持に必要なことと言えるでしょう。

犬を疲れさせるには、お散歩でからだを動かす運動だけではありません。飼い主さんと一緒に知育玩具で遊び頭を使うことは、お互いのコミュニケーションの1つとなるでしょう。ワンちゃんが夢中になって頭を使うこと、フードやおやつを探すことで、ストレスの発散となり、心身の健康に役立ちます。

最近は「ノーズワーク」と呼ばれるワンちゃんの嗅覚を使った新しいドッグスポーツがあります。子犬、成犬、高齢犬、老犬、からだが思うように動かない犬を含めた全犬種が遊べる、犬の「探す」という本能と「嗅覚」を使った遊びができる新しいおもちゃです。このような知育玩具は、どうしてもお散歩に行けない日にも頭を使うことで、愛犬を疲れさせることができるのでオススメです。

知育玩具を選ぶポイント

どんな知育玩具(知育トイ)を選んだらよいのか、選ぶポイントをご紹介します。

飼い主さんと一緒に遊べるおもちゃであること

ゴム素材などでガジガジと噛むことができるおもちゃも知育玩具に含まれますが、おもちゃに入れたフードやおやつを探すだけでなく、噛む、破壊するという行動に執着してしまう可能性があります。

頭を使って犬の脳を活性化させる目的であるならば、知育玩具を与える時は、一頭で遊ばせるお留守番用としてではなく、上手にできたら必ず褒めてあげて、飼い主さんとワンちゃんが一緒に遊べる知育玩具を使うことをおすすめします。

ワンちゃんのからだの大きさに合わせて選ぶ

知育玩具は細かいパーツがある製品もあります。大型犬が小さなパーツを口に入れた時に、絶対誤飲しないという保証はありません。誤飲を防ぐためにもワンちゃんのからだの大きさに合わせた知育玩具を選びましょう。

知育玩具の材質や硬さに気をつけて選ぶ

知育玩具を選ぶ時はおもちゃの硬さにも気をつけましょう。子犬や高齢犬に硬いおもちゃを与えると、噛んだ際に歯が欠けたり、割れる可能性もあります。

おすすめの知育玩具9選

それではここからはおすすめの知育玩具をご紹介します。

ニーナ・オットソン(Nina Ottosson)トリーツ・ゲーム サークル

スウェーデンで開発されたニーナ・オットソンは、知育玩具のパイオニアといえるでしょう。
プレートにおやつを入れて、骨型のパーツを使って隠し、ワンちゃんにご褒美を探させるゲームができる知育玩具です。初めて知育玩具を使うワンちゃんにもおすすめです。

ニーナ・オットソン(Nina Ottosson)トリーツ・ゲーム カジノ

製品の側面にある引き出しにおやつを隠してご褒美探しができる、ワンちゃんが頭を使うおもちゃです。ニーナオットソンの製品はいくつかのレベルがあり、段階的にレベルアップができます。上部の骨型を回転させることでロックがかかるので、ワンちゃんが鼻や足を使ってロックを解除させてレベルを上げることも可能です!

ドイツTRIXIE ドッグアクティビティ フリップボード

ボードの中にはいくつかのパーツがあり、パーツの中に入れたおやつをワンちゃんに探させる知育玩具です。犬の頭をフル使って蓋やタワーを開けて、ご褒美をゲットしていきます。

IFOYO ノーズワーク インタラクティブマット

マットの上のさまざまな場所におやつを隠して、ワンちゃんに探す意欲を持たせるための知育玩具です。

ドギーマン みえる! IQステップボール

created by Rinker
¥557 (2020/04/07 20:22:53時点 楽天市場調べ-詳細)

カプセルの中に入れたおもちゃを取り出す知育玩具です。カプセルの上半分がスケルトンになっていて、中に入れたおやつがワンちゃんに見えるので、一生懸命取り出そうと頭を使って一生懸命に転がします。

アウトワード・ハウンド (Outward Hound) ラッキー ドッグスロット

スロットマシンのトレイをワンちゃんが鼻で押すことで、中に入っているフードが出てくる仕組みの知育玩具です。ワンちゃんが頭を使うのは同じですが、鼻や足で転がすのではなく、押すだけなので、覚えてしまえば簡単におやつを食べることができるマシンです。

アウトワード・ハウンド (Outward Hound)リスを探せ!ハイド・ア・スクワラル ジュニア

切り株の中に隠れているリスのぬいぐるみを、犬の狩猟本能を利用して捕まえて遊ぶ知育おもちゃです。頭を使って3匹のリスを捕まえる遊びに、犬も喜びます。

Kong(コング) コング

知育玩具(知育トイ)の代名詞ともいえるコングは、ゴム素材でできていて、噛むだけでなく中におやつやふやかしたフードを入れることで、ワンちゃんが一生懸命に取り出そうと頭を使うおもちゃです。不規則な動きに犬は興味を持つでしょう。

リッチェル ビジーバディ ツイスト

ゴム素材のおもちゃの中にフードを入れて、転がしたり、噛むことでフードが出てくる仕組みです。ワンちゃんのレベルに合わせてフードの出方を調整することができ、わずかに開いた隙間から、どうやってフードを取り出そうかと、ワンちゃんが頭を使うことで遊べるおもちゃです。トレーニングにも最適!

まとめ

知育玩具は、愛犬の脳を刺激するためのおもちゃです。ご褒美が出てくる仕組みを学習していないワンちゃんには、少しレベルが高く難しいかもしれませんので、飼い主さんがヒントを教えてあげましょう。愛犬を勝手に遊ばせておくと破壊行動につながるので、必ず一緒に遊んで上げることが、ワンちゃんの頭を使わせる遊びには大切です。できたら褒めることを徹底して、ワンちゃんに学習の喜びを教えてあげましょう!