公開日
2020/12/27

車が苦手な犬との長距離ドライブ 車内で便利なアイテム4選

年末年始は犬を連れて実家に帰省する方も多いと思います。車に慣れていないワンちゃんは長距離の移動で車酔いをすることも。車内で使える便利なドライブグッズをご紹介します。

犬連れドライブは時間に余裕を持って休みながら行こう

犬連れドライブは時間に余裕を持って休みながら行こう

旅行や帰省など、どうしても車で長距離をしなければならないとき、車が苦手なワンちゃんを連れて移動するのは飼い主さんも不安になってしまいますよね?

「車に乗るとソワソワして車内で落ち着かない」
「車酔いで吐いてしまう」
「おしっこやうんちをしてしまう」
「外でしたうんちを車内に持ち込むと高速など窓が開けられないときは車内がクサイ」
「車内を動き回る」
「吠えまくる」

こんな場面を経験したことのある飼い主さんはいませんか?

慣れない犬連れドライブでは、予定通りの時間に出発して到着できないことが多いです。

思い通りの予定にならないのは、犬連れドライブのあるある

例えば、ドライブに慣れていないワンちゃんが車内で吐いてしまった場合、公園や高速道路のサービスエリア、道の駅などで休憩しながら、お散歩をさせたり車内のお掃除をしているうちにあっという間に時間が過ぎていってしまいます。

長旅になることがわかっている場合は、できれば余裕を持って出発して途中で何度も休憩するなど、ゆったりとした長距離ドライブの計画を立てておきましょう。

長距離の移動では車を運転する人にとってはもちろん、ワンちゃんにとっても休憩は大切です!

無理せずゆっくり長旅を楽しんでみてはいかがでしょうか?

あると便利な車内で使えるドライブグッズ

あると便利な車内で使えるドライブグッズ

犬と車で出かける際に必要な持ち物は、これまでにドッグパッドでも何度かご紹介してきました。

犬と車に乗る際には、安全面を考えるとクレートなどを使って移動することがベストですが、フリーの状態で移動するワンちゃんもいるかと思います。

今回は、一般的に必要なドライブグッズではなく、車が苦手なワンちゃんとのドライブをするとき、あると便利な車内で使えるドライブグッズをご紹介します。

車内のニオイ対策に「BOS うんちが臭わない袋」

愛犬のウンチは普通のビニール袋に入れておいても車内が臭くなってしまいます。でも、この「BOS うんちが臭わない袋」に拾ったうんちをまとめて入れておけば、車内に全くニオイが漂いません。

ドライブ中に車酔いや緊張から吐いてしまったワンちゃんの嘔吐物も強いニオイがありますが、ペットシーツなどで取れたものや車内を拭いて汚れたものを丸ごとこの袋に入れておけば、嫌なニオイもなく快適なドライブが続けられます。

長旅にはMサイズ(ペットシーツならワイドサイズ程度)やLサイズ(ペットシーツならスーパーワイドサイズ程度)の大容量タイプがおすすめ!

小さいサイズは日頃のウンチ袋として、大きいサイズは防災用品としても役立つので車に置いておくのもおすすめです。

汚れた体をガンガン拭ける「アースペット JOYPET ボディータオル」

ケージの中で吐いてしまったり、ウンチやおしっこで体が汚れてしまったとき、すぐにシャンプーはできません。目的地に着くまでにできることは、体の汚れを拭き取ることや車内をお掃除することくらいです。

1枚33cm×18cmの大判で、蓋付き大容量のウェットティッシュなので、犬の足裏はもちろん全身をガンガン拭くことができる便利なアイテム!詰め替え用もあります。

夜間の休憩中に役立つ「DOD ソーラーポップアップランタン」

長距離の移動では、夜間に車を泊めて休憩をする機会もあります。室内灯(ルームランプ)で車内やケージ内の状態を確認しても分かりにくいこともあるので、LEDのランタンを持っていくと、ケージの中や座席が汚れていないかなどがすぐにチェックできるので便利です。

DODは人気のアウトドアブランドですが、ソーラー充電だけでなくUSB充電もできることや、連続80時間点灯、シリコン製でコンパクトになる、懐中電灯にもなるなど、長旅中のお散歩や車中泊でも役立つアイテムです。

※走行中に点灯するのはやめましょう。

大は小を兼ねる!大判のRV・SUV用のドライブシート

ケージでの移動が苦手なワンちゃんの必須アイテムドライブシート。車酔い対策はもちろん、足裏が汚れやすい雨や雪の日のドライブでも撥水・防水加工されたドライブシートを使えば車内が汚れにくいです。

152cm×143cmの大判サイズなので、座席でもラゲッジ(トランク)でも使えるので便利なアイテム!

ミニバン用のさらに長いドライブシート(139.7cm×268.2cm)もあります。

ラゲッジルームにぴょーん!と犬が飛び乗る際に、車のボディを傷つけたくない方は、長めのドライブシートでボディを覆ってしまうと安心です♪

愛犬と楽しい長距離ドライブにするためにできること

いつもは車が大好きなワンちゃんも、出発前にご飯を食べてから長時間車に揺られると気分が悪くなってしまうこともあります。

ワンちゃんとの楽しい長距離ドライブにするためには、

  • 食事は2時間前に済ませておくか、かわいそうと思ってもごはん食べさせないで目的地についてから与える
  • 車に乗る前にお散歩をしてウンチやおしっこをさせておく
  • 何度も休憩するのは面倒でも、途中で何度も犬をリフレッシュさせる
  • 「もうすぐ着くから」と声をかけるなど、犬の緊張を高めない
  • 普段車酔いをしない犬も、お掃除用品や交換するタオル、多めのペットシーツなど万全の用意をして出発する
  • 先を急がず、時間に余裕を持って運転する人がイライラしないこと。(先を急ぐと、気がつかないうちに荒い運転になってワンちゃんが右に左に揺られて緊張しているかもしれません)

ドライブグッズは探せばたくさんある!

ドライブグッズは探せばたくさんある!

ドライブグッズはケージからドライブシート、ドライブボックス、シートベルト、お手入れ用品、車中泊グッズ、暑さ対策、防災対策、酔い止め、犬のメンタルケアまでさまざまな種類があります。

全部揃える必要はありませんが、愛犬とドライブするときのお悩みや心配事に合わせて探してみると、よいアイテムが見つかるかもしれませんよ♪

今回は、車が苦手なワンちゃんとの長距離ドライブで役立つドライブグッズをご紹介しました。