公開日
2021/04/10

犬の食事【基本編】~犬に与えてはいけない食べ物~

愛犬に与えてはいけない食べ物の代表といえば玉ねぎですよね。これは与えてもいいかな?と思うものでも、愛犬たちにとって毒性が高い食べ物もあります。犬の食事基本編「犬に与えられない食べ物」をお伝えします。

犬に食べさせていいもの、食べさせたらいけないもの

犬に食べさせていいもの、食べさせたらいけないもの

犬はなんでも食べるイメージが強いため「どのような食べ物を与えても大丈夫!」と考えてしまいがちですが、それはとても危険です。

犬に与えてしまうと中毒を起こしたり、病気の原因になってしまったりする食べ物があります。

また、与えるものによっては死に至るケースもあるため、注意が必要です。

愛犬たちに与えてはいけないもの。ご存じの方も多いと思いますが、おさらいの気持ちを込めて、愛犬が食べられないものを再度チェックしていただけたらと思います。

危険度ランク別 愛犬に与えてはいけない食べ物

危険度ランク別 愛犬に与えてはいけない食べ物

愛犬たちが食べられないものを、危険度ごとに分けてお伝えします。

絶対に与えてはいけない食べ物【危険度ランク・高】

犬に与えると死に至る恐れがある、危険性が高い食べ物をお伝えします。

ねぎ類:玉ねぎ・長ねぎ・ニラ・ねぎ類が入っている加工食品

赤血球を破壊する成分が含まれているネギ類。ネギ類は犬に絶対に食べさせないようにしましょう。

カカオ類:チョコレート・ココア・カカオ配合の加工食品

犬にとって中枢神経を刺激する毒素となるカカオ。カカオ類も犬には絶対に与えられない食べ物です。

ぶどう類:ぶどう・レーズン・ぶどうが含まれる加工食品

アメリカの調査機関により、犬に有害性があると認められたぶどう類。症状が重い場合は、腎不全により死に至るケースがあります。絶対に与えないようにしましょう。

アボカド

アボカドに含まれるベルジンという成分が、犬にとって毒になります。嘔吐・下痢など、胃腸の炎症が発症し、死に至るケースがあると報告されています。

●マカデミアナッツ

マカデミアナッツに関しては、解明されていない部分が多くありますが、異常な高熱や心拍の増加、筋硬直などが報告されている食べ物です。

キシリトール

キシリトールを少量でも犬が摂取すると血糖値が低下し、歩行困難や肝不全を発症する危険性があると報告されています。体重9キロの犬が2~3枚のキシリトールガムで致命傷になるという事例もあります。絶対に犬に与えないでください。

塩分

塩分を多く含む食材、加工食品、人間の食べ物などは注意が必要です。

与える量や体質などにより注意が必要な食べ物【危険度ランク・中】

与える量により危険度が高くなる食べ物をお伝えします。

ニンニク・ガーリックパウダー・ガーリックオイルなど

玉ねぎと同じ毒性の成分が含まれているのですが、玉ねぎ程多く含まれていないため、危険度ランクは「中」とされています。ただ与えすぎると危険だということは、忘れないようにしましょう。

アワビ・トリガイ・サザエ・トコブシ

3月~5月は貝の毒性が高くなるため、愛犬に与える必要がなければ与えない方がいいでしょう。

スルメ

少量なら問題のないスルメですが、与えすぎると胃の中で水分を含み膨張するため、消化ができない状態になるケースがあります。与えすぎに注意が必要な食べ物です。

他にアルコールやカフェインも、犬に与えない方がいいとされています。

与えすぎに注意したい食べ物【危険度ランク・低】

与えすぎに注意したい食べ物をご紹介します。

イカ、タコ、貝類、甲殻類、青身の魚、レバー、ピーナッツ、おから

消化が悪いものや、大量に与えると体調を崩す可能性がある食べ物です。

「ついつい」が、健康を害することに……

人間の食べ物で犬に与えられないもの

食事中、愛犬にじっと見つめられると、どうしても食べているものを与えたくなる気持ちはとてもよくわかります。

ですが、一時的な感情で愛犬を失う場合があることを忘れないでください。

愛犬に私たちが食べるものをおすそ分けするときは、別に調理して、安全な状態で愛犬に与えるようにしましょう。

最後に

愛犬に与えていけない食べ

愛犬に与えていけない食べ物をご紹介いたしました。

私たちが美味しいと思っている食べ物や、体にいい食べ物でも、愛犬たちにとって毒になる可能性があります。

愛犬の健康のために、与えてはいけない食べ物を知って、愛犬の体を守りましょう!