犬に与えてはいけない食材・注意が必要な食材

犬と人とでは祖先や食性が異なります。
人が食べても無害なものでも、犬が食べてしまうと有害で、最悪の場合、命を落としてしまう食べ物もあります。
手作り食やおやつとして人の食べ物を与える前に、必ず食べさせてはいけない食材・与え方に注意が必要な食材をしっかり理解しておきましょう。

絶対に犬に与えてはいけない食材

まずは絶対に与えてはいけない食材から見ていきましょう。

ネギ類

犬の赤血球に毒性のある物質が含まれています。
ネギ類やそのエキスを食べてしまうと中毒を起こし、貧血や血尿、喘息、皮膚炎などになってしまいます。
最悪の場合、命を落としてしまう危険性があるため、絶対に与えてはいけません。

ぶどう・レーズン

ぶどう・レーズン症候群とういうものがあります。
急性腎不全になってしまう危険性があります。
原因は特定されていませんが、カビ毒や農薬、重金属などが考えられています。

チョコレート・カカオ・カフェイン類

チョコレートやコーヒーに含まれるカカオやカフェインには心臓血管や中枢神経に作用する物質が含まれています。
犬はこの物質への感受性が高いため、大量に食べてしまうと中毒を起こし、嘔吐や下痢、興奮、動悸、痙攣などを起こし、最悪の場合、命を落としてしまいます。

アボカド

高脂肪、高カロリーのため下痢や膵炎を起こしてしまう危険性があります。
また、アボカドに含まれているぺルシンという物質によって中毒(嘔吐や下痢)を起こしてしまう場合があります。

ナッツ類

消化不良を起こすことがあります。
また、粒のまま丸呑みして、腸閉塞を起こしたりする危険性もあります。
特にマカダミアナッツは、無気力、嘔吐、発熱などの中毒を起こす危険性が高いため、注意が必要です。

はちみつ

ボツリヌス菌という細菌が入り込んでいることがあります。
人でも1歳未満の子供に与えてしまうと胃腸の機能が十分に発達していないため中毒を起こす危険性があります。
子犬に与えるのは控えましょう。

生肉

人でも問題になりましたが、冷凍しているもの、常温のものいずれも食中毒や消化器障害を起こしてしまう危険性がある、病原性細菌が潜んでいる可能性があります。
生のお肉は絶対に与えないでください。

鶏の骨

縦に裂けて消化管を傷つける可能性があります。

香辛料

苦みや辛みを持つものが多く刺激性の食品です。犬では、肝障害を引き起こす可能性があります。

人用サプリメント

サプリメント成分によっては、犬について安全性が確認されていないものもあります。
また、成分が濃縮されて含まれているので、中毒を起こす危険性も高くなります。

キシリトール

キシリトールが入ったガムを食べた犬が急激な低血糖を起こしたという事例があります。
キシリトールによって血漿インスリン濃度が急激に上昇したために起きたと考えられています。

ベビーフード

人用のベビーフードには、玉ねぎが含まれているものがあります。

与えるのに注意が必要な食材

次にご紹介するのは「与えるのに注意が必要な食材」です。
与える分には問題ありませんが、与え方に注意が必要な食材になります。

貝類・甲殻類・淡水魚

消化不良を起こしてしまう可能性やのどに詰まらせてしまう危険性があります。
与えるときは細かく刻んであげましょう。
また、生ものではビタミンB1を分解するチアミナーゼという酵素が含まれているため、必ず火を通してから与えましょう。

パイナップル

食物繊維が豊富なので下痢を起こすことがあります。
また、タンパク質を分解する酵素が含まれているため、口内炎がある場合は注意が必要です。

干しエビ・煮干し・のり

マグネシウムが多く含まれているので尿路結石症の原因となる可能性があります。与えすぎに注意が必要です。

レバー

脂溶性ビタミン(A、D)が豊富に含まれているので、与えすぎると過剰症の危険性があります。

たけのこ

食物繊維が多く含まれているので、消化不良を起こすことがあります。
与えるときは少量を細かく刻んであげましょう。

乳製品

犬は成長するにつれて(哺乳期を過ぎると)、牛乳の中に含まれている”乳糖”という成分を分解する酵素が減少します。
消化不良を起こしやすくなり、下痢をしてしまう場合があります。
発酵乳製品の場合は、乳糖が分解されているので消化不良を起こしづらくなりますが、個体差があるので十分注意して与えてください。

たまご

生の卵白には“アビジン”という物質が含まれています。
このアビジンはビオチンと呼ばれるビタミンの吸収を阻害してしまいます。
卵黄には、ビオチンが豊富に含まれているため、全卵で与えるか、熱に弱い性質があるため加熱してから与えてください。

ほうれん草・ベリー類

シュウ酸が多く含まれているので、シュウ酸カルシウム尿結石症の危険因子です。
与える場合は、少量にしましょう。ホウレン草はゆでてあく抜きして与えましょう。

果物

糖分が多く含まれているので与えすぎに注意。種のある果物は丸呑みすると腸閉そくの危険性があるので種に注意が必要です(特に、桃、李、アンズ、サクランボなど)。
うめぼしも、種があることに注意が必要ですし、塩分も多く種類によっては酸度が高く刺激があるので与えない方がよいでしょう。

まとめ

人が普段食べていて人にとって健康に良い食材でも犬にとっては健康被害を生じてしまうものがあります。
犬に健康に長生きしてもらうためにも、犬にとって食べてはいけない食材の知識を持つことは大切なことです。