愛犬と行く!おすすめのスキー場6選【東日本編】

スキーが趣味という飼い主さんのなかには、真っ白なゲレンデで愛犬と一緒に過ごしてみたいと考えている方も多いと思います。
実は愛犬と一緒にスキーを楽しめる場所があるのをご存知ですか?
毎年、お留守番をさせていた愛犬をこの冬は一緒にスキーへ連れて行ってみませんか?
東日本地区で愛犬も一緒に出かけられるスキー場を紹介しますので、是非参考にしてください。

愛犬と一緒に行くスキーはどのように楽しむ?

一面真っ白のゲレンデに到着したら、第一に愛犬の様子を確認してください。
ゲレンデ初体験の犬にとって、そこは未知の世界です。次に周辺のお散歩から始めて、その場に慣れさせてあげましょう。
ドッグランや犬専用スペースがあるゲレンデであれば、愛犬とともに雪に親しみ、雪の楽しさを教えてあげることもスキー場を楽しむ秘訣です。

飼い主さんのスキーレベルにもよりますが、スキーを一緒に楽しみたい場合、小型犬であれば背負えるタイプのキャリーバッグに犬を入れて、雪山を滑り降りてみてはいかがでしょうか?スキー場のひんやり爽やかな風を一緒に感じることが愛犬と行くスキーの醍醐味です。
中〜大型犬ならば、リードを飼い主さんにしっかり固定し、一緒に横を滑らせてあげることもおすすめです。事故を防ぐためにも、愛犬の様子を見ながら滑るスピードを合わせてあげてください。

愛犬と一緒にスキーに行くときに気を付けること

スキー場では決められたルールやマナーを守るのは当然ですが、愛犬に対しても気を付けて欲しいことがあります。

リードは念入り確認

外出先での高揚感や、飼い主さんのワクワクとした気持ちが伝わって、犬が興奮状態になってしまうかもしれません。万が一リードが外れてしまった場合、スキー場での捜索は困難を極めますので、首輪とリードのチェックはいつもより念入りに行い、連絡先がしっかりと明記された迷子札も付けておくことをおすすめします。見失うと雪と一体化しやすい、白い犬は特に注意が必要です!

体を冷やしすぎない

地面に近い犬は、人よりも体が冷えやすいです。また、お腹周りには気が付かないうちに雪が付着してしまうこともあります。
体の芯まで冷えてしまうと、後々の体調不良に繋がってしまう場合もあります。こまめな体のチェックをするためにも温かい場所で適度な休憩を入れる、犬用のダウンコートを着用させるなど防寒を心がけてあげてください。

肉球のしもやけに注意

冷たい雪に長時間触れていると犬の肉球はひび割れをおこしたり、しもやけになってしまうことがあります。また、スキー場によっては融雪剤が撒かれている場所もありますので、犬用の靴を履かせることをおすすめします。しかし靴を嫌がる犬は多いので、その場合はウェットティッシュやタオルでよく拭いてあげ、肉球の状態をこまめにチェックしてあげてください。
肉球の乾燥やひび割れ対策として、遊んだ後に肉球クリームを塗ってマッサージしてあげるのもおすすめです。

おすすめの肉球クリーム

【PANA-ZOO(パナズー)パウケアクリーム】
楽天
Amazon
【ナンビ犬猫用セラミド配合肉球クリーム】
楽天
Amazon

愛犬と一緒に行けるおすすめスキー場6選【東日本】

犬と一緒に行くことのできるスキー場を6カ所紹介します。

軽井沢スノーパーク

プレジデントリゾート内にある「軽井沢スノーパーク」では、愛犬同伴でスキーを楽しめるようなサービスが充実しています。
ゲレンデの横には広々とした雪上ドッグランが用意されていますし、キャリーバッグに入れて飼い主さんが背負うことが可能であればゲレンデを一緒に滑ることも可能です。愛犬を休憩させてスキーを堪能したい場合には、施設内ドッグホテルで一時預かりもしてくれます。
レストランのテラス席は愛犬も一緒に食事を楽しむことが出来るので、スキーを楽しんだ後はゆっくりとくつろぐことが出来ます。

スキー場情報

【犬OKの範囲】
ドッグラン・レストランオープンテラス・ゲレンデ・リフト(ゲレンデとリフトはキャリーに入れてください)
【住所】
〒377-1412 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢2032-16
【アクセス】
碓氷軽井沢ICより国道146号線経由で50分
【価格】
リフト券(1日):大人3,500円、小人2,500円
雪遊び券(1日):大人2,000円、小人1,500円(スキーをせずに施設内で遊ぶ場合)
ドッグラン:500円/1頭
【サイトURL】
軽井沢スノーパーク

白馬さのさかスキー場

「ワンちゃんと一緒に楽しめるゲレンデ」をコンセプトに、リードを付けていればスキー、スノーボードで愛犬と一緒にゲレンデを滑ることが可能です。リフトもキャリーなしで乗ることが可能です。雪慣れしている犬や、スキー、スノーボード上級者の飼い主さんにはおすすめのスキー場です。

スキー場情報

【犬OKの範囲】
施設が指定した「スノードッグエリア」のみ(シーズンごとに場所が変更になる場合があるので事前に要確認)
【住所】
〒399-9211 長野県北安曇郡白馬村神城458
【アクセス】
長野ICより白馬オリンピック道路経由
【価格】
リフト券(1日):大人4,000円、小人1,500円
犬:無料
【サイトURL】
白馬さのさかスキー場

エーデルワイススキーリゾート

愛犬家の中では非常に人気の高いスキー場です。雪上ドッグランは圧雪をしていないので、ふわふわの雪が楽しめるだけでなく、アジリティも充実しています。

スキー場情報

【犬OKの範囲】
ドッグランのみ
【住所】
〒321-2612 栃木県日光市川治温泉高原鶏頂山
【アクセス】
今市ICより日塩もみじラインで約37㎞
【価格】
リフト券(1日):大人3,800円、小人2,200円
犬:無料
【サイトURL】
エーデルワイススキーリゾート

野沢温泉スキーリゾート

専用ドッグランはありませんが、リードを付けた愛犬とゲレンデを滑ることが可能なスキー場です。ゴンドラやリフトも、他のお客様の迷惑にならない良識的な範囲であれば、キャリーバッグなしで搭乗出来ます。(混雑時は順番が前後する場合有り)

スキー場情報

【犬OKの範囲】
ゲレンデ・ゴンドラ・リフト
【住所】
〒389-2502 長野県下高井郡野沢温泉村7653
【アクセス】
豊田飯山ICより25分
【価格】
リフト券(1日):大人4,800円、小人2,200円
犬:無料
【サイトURL】
野沢温泉スキーリゾート

グランデコスノーリゾート

愛犬家だけでなく、お子様連れにも人気の高いスキー場です。ゴンドラで山頂まで行くと、パウダースノーのドッグエリアがあります。

スキー場情報

【犬OKの範囲】
ゴンドラ・ドッグエリア
【住所】
〒969-2701 福島県耶麻郡北塩原村桧原荒砂沢山
【アクセス】
猪苗代磐梯高原ICより24km
【価格】
リフト券(1日):大人4,700円、小人3,500円
犬:無料
【サイトURL】
グランデコスノーリゾート

那須マウントジーンズ

山頂にある広々としたドッグランでは、ノーリードで気兼ねすることなく愛犬を走らせることが出来ます。山頂カフェは愛犬も同伴出来ますので、たっぷり遊んだ後は景色を堪能しながらゆっくりとくつろぐことが可能です。

スキー場情報

【犬OKの範囲】
ゴンドラ・ドッグラン
【住所】
〒329-3223 栃木県那須郡那須町大字大島
【アクセス】
那須ICより県道305号線経由で30分
【価格】
リフト券(1日):大人4,400円、小人3,500円
ゴンドラ:大人1,410円、小人1,410円、犬800円
【サイトURL】
那須マウントジーンズ

まとめ

東日本地域にある、愛犬と一緒に楽しむことの出来るスキー場を紹介しました。
ぜひあなたの愛犬にも雪の中で、普段経験出来ないような遊びをさせてあげ、寒い冬を心ゆくまで楽しんでください。
ただ、スキー場は犬連れの方ばかりではありません。スキー場ごとにルールやマナーも異なりますので、他のお客様の迷惑にならないように事前に確認してから出掛けるようにしてくださいね。