公開日
2018/09/25

意外と簡単!自宅でできる犬の肛門腺絞り

愛犬の肛門腺絞りは簡単にできるので、身につけておきたい技術です。肛門腺が溜まっていると、犬が興奮した時やびっくりした時、恐怖を感じた時に強烈に臭いニオイをお部屋中に撒き散らすことになります。また、溜まった分泌物の排出がされないと肛門嚢が化膿や炎症を起こしてしまうのです。
今回は、手順を知ってしまえば意外と簡単にできる、犬の肛門腺絞りについてご紹介します。

肛門腺絞りとは

犬の肛門には、左右の両側に「肛門腺」と呼ばれる分泌液を溜める場所があります。この分泌液は、自分のテリトリーを誇示したり、危険や恐怖を感じた時にスカンクのように分泌液を撒くことで身を守るための、犬にとって大切な役割があります。しかし、現代では、人間に飼育管理されているペットとしての犬にはこの機能を使う機会が少ないため、肛門腺周辺の筋肉や機能が弱まり、自然に排出されにくくなることで肛門腺が溜まりやすくなる犬が多いのです。

犬の行動で、犬同士が挨拶をする時に、お互いのお尻のにおいを嗅ぐのは、この分泌液のにおいを嗅いで、その犬の情報を得ているとされています。この排出されにくくなり溜まってしまった分泌液を絞り出すのが「肛門腺絞り」です。

肛門腺を絞らないとどうなるの?

愛犬が、おすわりするような体勢のままズルズルと前に進み、お尻を床に擦り付けている場面や、肛門周辺をペロペロと舐め続けていることはありませんか?また、肛門の周辺が赤くなったり炎症を起こしていることはありませんか?愛犬のこれらの行動や症状は肛門腺が溜まっている合図かもしれません。

肛門腺は通常、ウンチをする時に自然に排出されます。また、獣医さんの診察を受けようと診察台の上に乗せた時や、保定された時に恐怖を感じて、肛門腺から分泌物を排出する犬もいます。犬同士の遊びや、飼い主さんと遊んでいる時に興奮して分泌物を排出する犬もいます。

しかし、シニア犬、小型犬、肥満の犬、柔らかいウンチをする犬は、肛門腺に圧力がかかりにくいので、肛門腺を絞らないと分泌液が溜まって、肛門嚢炎と呼ばれる炎症や化膿を引き起こし、悪化すると破裂したり、手術が必要となるケースもあります。

肛門腺絞りを行う頻度はどのくらい?

肛門腺絞りは溜まりやすい犬とそうでない犬もいますが、月に1回程度、愛犬のシャンプーの前に絞ってあげるとよいでしょう。もし、おすわりの体勢で前に進んでお尻を床に擦り付けている場合や、肛門をしきりに舐める場合、すでにお尻周りが肛門腺臭い場合は絞ってあげるタイミングと考えてください。

どうしても絞れない、臭いが苦手という方は、トリミングに連れて行く時や動物病院の診察の時にお願いしましょう。

肛門腺絞りに必要なもの

肛門腺絞りに必要なものは基本的にはティッシュやトイレットペーパーだけです。どうしても臭いが苦手で完全防備で行いたいという方は以下の物があるとよいでしょう。

  • ティッシュやトイレットペーパー
  • 消臭剤
  • 床を拭くウェットティッシュ
  • 使い捨て手袋
  • ゴミ袋

コツを掴めば意外と簡単!肛門腺絞りの方法

それでは肛門腺の絞り方をご紹介します。コツを掴めば簡単にできるのでチャレンジしてみてください。

  • 犬の尾を片方の手で持ち上げて、肛門嚢の位置を確認する。
  • 肛門の形を、時計の文字盤のように見立てて、ちょうど4時と8時にあたる部分を、尻尾を持っていない、もう片方の手にティッシュペーパーなどをあてがった上から、指で押さえる。
  • そのまま肛門の部分に押し出すイメージで、下から上、奥から手前に向かってゆっくりと肛門腺を絞り出します。(4時と8時の位置から、野球のボールの縫い目のようなカーブを描くように押して絞り出すイメージです。)
  • 絞った分泌液を綺麗に拭き取り、肛門周りを清潔にします。(そのままシャワーをかけてシャンプーするのもよいでしょう。)

肛門腺の絞りのポイント

肛門腺の分泌液が飛び散ってもよい場所で行う

肛門腺には、ドロッとしたタイプとサラッとしたタイプの分泌液があり個体によってタイプは異なります。また、絞った時にポタポタと出る個体もいますが、弾けるように勢いよく飛び散る場合もあるので、お風呂場や分泌液が飛び散ってもよい場所で行い、肛門部分をティッシュであてがうことをおすすめします。

肛門嚢の位置と排出口を確認する

尻尾を上に持ち上げ、肛門嚢のある4時と8時の位置をしっかり確認しましょう。

肛門腺絞りの保定の仕方

肛門腺絞りは愛犬を立たせた状態で、保定することがポイントです。しかし普段お尻を触られるのを嫌がる犬や、急に肛門を絞られて驚いて逃げてしまう犬もいます。最初は2人で協力して、1人は犬が動かないように、落ち着いていられるように保定を行い、もう1人が肛門腺の絞りを行うことをおすすめします。もし、1人で行う場合は、尻尾を真上にあげることで、絞りやすくなります。

力を入れて押し出そうとしない

愛犬の肛門にグッと力を入れて絞り出そうとするのは犬にとって恐怖です。力は入れすぎずに、4時と8時の位置から優しく押しながらゆっくり絞って、また押し出すイメージで行うのがポイントです

素早く終わらせる

何度もお尻や尻尾を触られると、犬が肛門腺絞りを大嫌いになるので、手順を確認して素早く終わらせることもポイントです。犬が嫌がってまたは痛がってできない、全く絞れないという場合は諦めて動物病院で絞ってもらい、その際に目の前で正しいやり方の手順を教えてもらうことをおすすめします。

肛門腺絞りを繰り返して行ってコツを掴む

肛門腺絞りが上手にできるようになるには、コツをつかむことが大切です。最初はできなくても、やってみるうちにコツをつかめると、簡単にできるようになります。

まとめ

肛門腺絞りは、最初は難しく感じるかもしれませんが、もし上手にできなくても、力ずくで無理やり絞り出そうとしないでください。1度肛門腺の絞り方のコツを覚えてしまえば、自宅で簡単に行うことができます。定期的に肛門腺絞りを行ってあげることは、愛犬の身体のケアの1つです。ポイントである4時と8時の位置を忘れずにチャレンジしてみましょう。