公開日
2020/10/24

愛犬の寒さ対策に おすすめの防寒グッズ7選

一気に秋を感じられるようになった10月。私達は思わず首をすくめてしまいがちですが、ワンちゃん達はすこぶる元気!いっしょに楽しむ散歩もグイグイ先を歩きたがる季節到来です。
これから冬に向かうこの時期から活躍するワンちゃんの防寒グッズを考えてみましょう。

寒いのは、犬も一緒

童謡にある「犬は喜び、庭駆け回り、猫はこたつで丸くなる」という歌詞に代表されるように、犬は寒いのが大好き!という風に思われています。確かに、犬ぞりに代表されるように、極寒の中でもしっかりと仕事を成し遂げる素晴らしい能力を持った犬種もありますが、シングルコートの犬種を筆頭に実は寒いのが大好きとまでは言えないのです。

我が家の愛犬はボーダーコリーですが、気温の低下は行動を見ていれば一目瞭然で、暖かい毛布の上とか、寝床では私の布団に滑り込んでくるなど、明らかに暖かさを求めた行動を取ります。

防寒ウェア(暖かい空気層を着る)

ご自分の冬着を想像してみてください。寒くなってきたら、暖かさを得るために、長袖シャツ(インナー)、スウェットやセーター(レイヤー)、ジャケットや中綿入りコート(アウター)など、段階を追ってアイテムを加えていきますよね。

ワンちゃんのレイヤーも同じ事。どのようなモノが暖かさをサポートしてくれるのか、考えてチョイスするのがベターです。

ここでは、お奨めの防寒ウェアをご紹介しましょう。

防寒で大切なポイントは以下の通りです。

◎空気層を作る

保温で一番大切なのは、熱伝導の無い空気です。なるべく動きの少ない空気層を作ることが保温のキーポイントです。

◎風を遮断する

風速が1mあがると体感温度が1℃下がると言われているように、寒さを凌ぐ基本中の基本が風を遮断することです。

◎体を濡らさない

これは、アウターで防水(出来れば合わせて透湿)加工をしたシェルと内側のインナーに吸湿拡散機能素材を使っているモノが快適に機能します。

ワンちゃんのグッズでも様々なウェアが市販されていますが、機能を知って、愛犬にあった物をチョイスしてあげましょう。

これらの機能を組み合わせたドッグウェアとして私がお奨めするのは、ディスクドッグ競技会をサポートしていただいたことがご縁でその機能性を知ることになったALPHAICON社製の製品です。 

Hot Dog Guard(ホットドッグガード)

created by Rinker
¥5,830 (2020/12/01 07:44:59時点 楽天市場調べ-詳細)

裏起毛のフリースで、4ウェイストレッチ素材です。秋から冬にかけて天気の良い日に活発にアウトドア遊びをするのに快適です。

W.Full Dog Guard(ダブルフルドッグガード)

防水機能はありませんが、撥水機能があり4ウェイストレッチ素材で活発な運動にも向いたウェアです。活発に運動する年齢のワンちゃんや犬種に向いています。

Snow Dog Gard(スノードッグガード)

created by Rinker
¥19,800 (2020/12/01 07:45:00時点 楽天市場調べ-詳細)

防水・撥水・透湿の機能を併せ持つ最強素材を使用しています。インナー側にフリース素材を使っているので、保温性にも優れています。生地にはストレッチ性は無いので、ややゆったりサイズを選んだ方が良いですね。ワンちゃんが雪遊びをして雪玉にまみれて大変な思いをせずに済みます。

Dog Guard Air(ドッグガードエア)

Photo by : ALPHAICON

防水・撥水・透湿に加えて、保温機能も併せ持つ防寒には他を寄せ付けないスペックです。その中綿に使われているのが、シンサレートという機能素材なのですが、かつて私がスキーに夢中だった数十年まえに、ダウンに劣らず薄くて暖かいという触れ込みで当時のスキーウェアに新素材として鮮烈デビューした記憶があります。

そんな機能素材が今や愛犬たちのモノになりました。保温機能が高すぎるので、活発なワンちゃんよりは、ある程度年齢が高い運動量の減った子達に向いていると思います。

あったか小物

ここでは、暖かさをサポートしてくれるアイテムを幾つかチョイスします。

フットウェア

雨や雪の中を散歩するときに使うと冷えを防げます。特に雪遊びで肉球の間が雪玉で一杯なんてトラブルも解消できます。ただし、激しい運動時には向きません。様々なモノが溢れていますが、マジックテープなど固定する脱げにくいモノで、足底が毛水になっているモノをお奨めします。

ご紹介するのはカナダMuttluks社製の全天候型フットウェアで、人用でもハードなアウターのみにお目にかかる、もの凄い贅沢な機能素材を使っています。その分、価格もぶっ飛んでますが…。

あったかマット

これは、特段どこの製品というモノがお奨めしにくいのですが、ケージや家の中に敷いて冷えから守る役割があります。自然素材のモノよりも化学繊維で給水発散しやすいモノをお奨めします。

湯たんぽ

湯たんぽと言っても、レンジでチンするタイプの暖房器具です。繰り返し使えるのと、電源が無くても使えるので、ケージなどに使うことも可能です。

防寒しながらおしゃれも

私が今までチョイスしたのは、どうしてもハードな機能優先のモノになってしまいます。

しかし、通販サイトにはもっとカジュアルで価格も手頃なファッションを楽しむアイテムが溢れています。

私が説明した防寒に必要な要素を考えつつ、愛犬にあった物を選ぶ楽しみもありますね。

これから益々寒さが身にしみる季節を迎えますが、しっかりと防寒対策をしたうえで、愛犬と一緒にアウトドアで元気に走り回って楽しみたいですね。