公開日
2022/07/31

北欧発「Frank(フランク)」かさばるゴミをギュッと圧縮!ペットシーツのかさが減らせるゴミ箱

室内で犬と暮らしているとペットシーツは必須のアイテム。でも、ゴミの量が多くなる問題で頭を悩ませている飼い主さんも多いのではないでしょうか?かさばるペットシーツやペットおむつ他にも、もちろん日々の生活から出るゴミの量の削減に役立つアイテムがありました。北欧からやってきたおしゃれなゴミ箱「Frank(フランク)」を紹介します。

Frank(フランク)とはどんなゴミ箱?

Frank(フランク)とはどんなゴミ箱?

Frank(フランク)は、かさばるゴミを圧縮できるゴミ箱です。

ゴミを入れたら蓋の上から押すだけでゴミが圧縮されて容積が大幅に小さくなることから、ゴミ袋におさまるゴミの量を多くすることで、ゴミ出しの回数を減らすことができます。

Komprimo AS Frank(フランク)

重量:1.5㎏

容量:11Ⅼ

素材:プラスチック

生産国:スウェーデン

サイズ:30×25×27(通常時)、20×25×27(圧縮時)

カラー:全4色(ブルー、グレー、グリーン、パープル)

販売サイト(Makuake内):https://www.makuake.com/project/frank/

ゴミ問題で悩むペットと暮らす飼い主さんにもぴったり!

Frank(フランク)で圧縮できるものは、ペットボトルやアルミ缶、お惣菜やお弁当のトレー、紙コップなど日常で出るゴミの他にもペットシーツ、ペット用オムツ、猫砂などを圧縮することができます。

ペットシーツの場合、レギュラーサイズ約30枚、スーパーワイドサイズ約15枚を捨てることが可能で、圧縮することでゴミのかさとゴミ捨ての回数を減らすだけでなく、ゴミ袋の削減にもつながります。

ペットシーツやペット用オムツなどのかさばるゴミを手でゴミ袋に押し込めたり、ゴミ袋がすぐいっぱいになることでゴミ捨ての日まで何袋もゴミを保管している方は、圧縮できるゴミ箱Frank(フランク)がぴったり!

圧縮することがなぜゴミの臭いの軽減につながる?

圧縮することがなぜゴミの臭いの軽減につながる?

Frank(フランク)は、耐荷重量が70kgの強化プラスチック製で頑丈にできていていることから、ゴミをグイグイと圧縮することができます。

また、ゴミを圧縮することによって、ゴミが空気に触れる面積が少なくなることで細菌の発生を抑えることができ、嫌な臭いの軽減に繋がります。

蓋がしっかりと閉まるので嫌な臭いもゴミ箱の中に閉じ込めることができますし、ゴミ箱をいたずらするペットと暮らす飼い主さんも安心して使うことができるゴミ箱です。

正規代理店にFrankの魅力を聞いてみた

正規代理店にFrankの魅力を聞いてみた

Frankは、北欧からやってきたゴミを押しつぶしてかさを小さく圧縮するゴミ箱。

どうして日本で販売しようと思ったのか、正規代理店のSIDFEELさんにお話をお聞きしました。

――家庭ゴミを圧縮する発想って面白いですよね?どうしてこのゴミ箱を販売しようと思われたのですか?

SIDFEELさん:そうなんです。Frankはゴミを圧縮する事でかさを減らして、ゴミの量を減らします。

他のメーカーにもゴミを圧縮するゴミ箱はありますが、Frankは圧縮し続けることができるところがポイントです。また、多くのメーカーではゴミ箱のサイズが大きくなりがちですがFrankは15ℓと小さくコンパクトサイズであるところも特徴です。

海外の便利で役立つ魅力的な商品を日本の皆様にご紹介し、商品を使うことで毎日の生活がワクワクしたり、快適に過ごせるお手伝いが出来たらと思い事業を立ち上げました。

――今後の予定などがあればお話いただけますか?

SIDFEELさん:これからも皆様の生活に役立つ、面白い商品を海外から見つけてご紹介して行きたいと考えています。その他にもペットが快適に過ごせる商品の開発を手掛けていく事も視野に入れています。

――今度は楽しいペットグッズや犬用グッズがあればまたお話お聞かせください♪ありがとうございました!

お問い合わせ先

SIDFEEL(シドフィール)

営業時間:10~18時

定休日:土日、祝日

問い合わせ先:sidfeel.info@gmail.com

公式ホームページ:https://sidfeel.com/

Makuake内 販売ページ:https://www.makuake.com/project/frank/

編集後記

ペットシーツは室内で暮らす犬の必須アイテムですが、排泄した後は水分を吸ったペットシーツがかさばってしまうというのは、飼い主あるあるですよね。多くの自治体でゴミが有料がされている中、できるだけゴミ袋を少なくしてゴミに出したいところですが、ゴミを圧縮するという方法も役立ちそうですね。

ゴミでかさばるものといえば食品を包装している容器などのプラスチックゴミですが、小さく圧縮することでゴミの量を大きく減らすことができそうです。

今回は、北欧からやってきた圧縮ゴミ箱をご紹介しました。

取材協力/画像提供:SIDFEEL