公開日
2020/08/28
更新日
2020/10/14

秋を先取り!愛犬に秋の味覚で手作りご飯を作ってみよう♪

まだまだ暑い日が続きますが、そろそろ秋を感じるメニューを愛犬に考え始めませんか?インスタグラムでワンちゃんの手作りご飯を公開している方に、秋の味覚を使ったメニューについて教えてもらいました♪

秋鮭ときのこのホイル蒸し

@kuracafe_plusさんが作られたのは、秋鮭ときのこのホイル蒸し♪
きのこは、舞茸・ぶなしめじ・えのきなどふんだんに使われています。

作り方は、人間用のホイル蒸しとほとんど同じということで、
ホイルに鮭と好きな野菜やキノコを並べて、しっかり包んだらフライパンでゆっくり蒸します。

@kuracafe_plusさんからのアドバイスは、調味料を足さないぶん焦げつきやすいので、ゆっくり調理がポイント。蒸し上がったら、まだ熱いうちに柑橘果汁を少し垂らしておいても美味しいです。骨を除いて、冷ましてから、あげてください、とのことです♪

こちらは、くらのすけちゃん♪
いつもおいしい手作りご飯が食べられて幸せですね!

山形の郷土料理「芋煮」の里芋を使って

@kitchen_nina.27さんは、里芋を使ったお料理。
この日の飼い主さん食事が、山形の郷土料理「芋煮」だったとのこと。そこで、下ごしらえの里芋を少し犬ごはん用に取り分けて使われたそうです。

飼い主と同じごはん(食材)でのごはんはわんこの幸福感にもなると思うし、手作りごはんは毎日の事なので効率良く準備をするためにもよいです、とコメントをいただきました♪

里芋はシュウ酸を多く含む食材なのでしっかりアク抜きをして消化の良い様に柔らかく茹でます。シュウ酸は水溶性なので茹でた後に水に晒すことである程度除去する事ができるとのこと。
カリウム含有も高く、わんちゃんにも良い食材ですがシュウ酸過剰摂取は尿管結石を引き起こす恐れがあるので与え過ぎない事も大切ですだそうです。

悠くんと漣くん♪仲良しお食事風景です。

①旬の食材を使う(旬の食材はそれだけで栄養価が高いので)
②水分やスープはたっぷり(老廃物をしっかり流すため)
③食事は温かい物を食べさせる(免疫力を下げないよう、内臓や腸を冷やさないため)
この3点はとても大切にされているという@kitchen_nina.27さんから、食事を通してたくさんの愛情をもらっていますね♪

秋刀魚となすを簡単調理でおいしく

@inunogohanclubさんに教えていただいたのは、秋刀魚となすを使った秋を感じるメニュー♪

@inunogohanclubさんからは、たんぱく質源として積極的にとりいれたいお魚の、簡単な扱い方を教えてもらいましたよ!

まずおすすめなのが、お刺身用として売られている冊(骨を抜くなど処理してあるもの)や、こちらの秋刀魚のように、骨や内臓などの処理を済ませ、加熱すればすぐに食べられる状態で冷凍されているお魚を使用するとのこと。

さらに、コンロの魚焼きグリルに直接お魚を入れて焼くと後片付けが大変なので、蓋つきのグリルパンを使うと便利だそうです!
こちらのメニューも、冷凍のお魚と、野菜を、一緒にグリルパンに入れて数分焼いただけの簡単調理なんですって(^-^)

ココちゃんとアニーちゃん♪
旅行先でも手作りご飯を実践される@inunogohanclubさんの投稿は、どれも参考になるものばかりですよ!

鰯とかぼちゃのトマト煮

@bonheur_wanさんにご紹介いただいたのは、鰯とかぼちゃのトマト煮♪

メインの鰯は、頭と腸はとって、オリーブオイルで焼いてほぐしているそうです。そして無塩トマトジュースで温めて、あおさをふりかえたら完成☆

ベースとなっているのは、かぼちゃ、舞茸、アスパラ、セロリ、ミニトマト、厚揚げをごま油で炒めたものだそう。

栄養満点、彩もよく、ワンちゃんの食も進みそうですね♪

最後に

今回は、秋を先取りで、秋の味覚を利用したメニューをご紹介しました♪
掲載させてくださったみなさま、ありがとうございました!

ワンちゃんの手作りフードに挑戦してみたい方は、ぜひみなさんの投稿を参考にしてみてくださいね♪

DOGPADでは、みなさまの手作りご飯、愛犬の可愛らしいお写真をお待ちしております。
InstagramやTwitterで、『#dogpad』『#ドッグパッド』をつけて投稿してください!リポストや、記事でご紹介させていただきます♪

DOGPAD公式Instagramはこちら

DOGPAD公式Twitterはこちら