公開日
2020/10/18

成犬でも使える!便利な子犬用グッズを7つご紹介

犬グッズの中には子犬用(パピー用)として販売されている商品がありますが、成犬やシニア犬になっても十分使えるものもあります。今回は成犬でも使える便利な子犬用グッズを7つご紹介します。

子犬用(パピー用)と成犬用のグッズは何が違うの?

ペットショップの店舗やインターネットの通販で犬グッズをみていると「子犬用」や「パピー用」と記載のある商品をみかけることがあると思います。意外かもしれませんが、これらの商品の中には、成犬になっても使えるものがあります。

まず最初に、子犬用と成犬用のペットグッズの違いと注意点をみていきましょう。

毎日の食事は基本的にライフステージに見合ったものを与えること

子犬用と成犬用と区別される商品といえばドッグフードが多いです。毎日食べる食事については、基本的には愛犬のライフステージに適したごはんを与えましょう。

ドッグフードメーカーによっては、子犬の成長期や、シニア犬の消化機能、栄養価や食材のバランスなどを考えて「子犬用(パピー用)」「成犬用(アダルト)」「老犬用(シニア用)」など、ライフステージに合わせた商品を開発しています。

例えば、子犬用のフード(パピー)は成長期に合わせて高カロリーで高タンパクのものが多く、成犬用のフード(アダルト)、は低カロリーで高タンパク、老犬用のフード(シニア)は、低カロリーで低脂肪のものが多いです。

それぞれのライフステージに合わせてごはんを選んであげることで、犬の健康に必要な栄養素を摂取させることができます。

※ドッグフードメーカーの中には、子犬や成犬、シニア犬にかかわらず「オールステージ用」のドッグフードもあり、子犬から成犬まで全年齢、全犬種に食べさせることができる商品もあります。

子犬用のフードを犬の介護に活用するのもアイデアの1つ

愛犬のライフステージに合った食事を与えるのが基本ですが、病気の回復や治療、介護のための食事で疑問を感じたら、かかりつけの獣医師に相談してみることをおすすめします。療法食や介護食などのアドバイスをもらえるかもしれません。

実体験ですが、例えば、高齢になった大型犬の介護をしていると徐々に食欲が落ちてくることがあります。体の大きな犬は、例え寝たきりでも小型犬に比べると1日に与えるごはんの量も多くなりますが、ハイシニアになった犬は大量のごはんを食べたがらなくなってくることがあるのです。

さらに消化をよくするために、水やお湯でふやかすとますます量が増えるので、量を食べることができない老犬は、栄養が摂取できない状態になってしまいます。

犬の介護では、ごはんを全く食べなくなったらお別れの時間が近いサインともいわれています。ごはんが楽しくない愛犬の様子をみるのは飼い主にとっても辛いことです。

何も食べない愛犬を前に「少しでも食べて欲しい」こんなときは、栄養価の高い子犬用のフードや粉ミルクを少量与えてみることも介護のアイデアの1つです。

子犬用のおもちゃは誤飲に注意!

子犬用と記載のあるおもちゃは、噛みやすいように柔らかくなっていたり、小さなサイズのものが多いです。

小型犬であれば、丸呑みしてしまうという危険は低いかもしれませんが、大型犬の場合は、誤飲する危険があるので、壊れやすいおもちゃや小さなおもちゃは絶対に与えないようにしましょう。

成犬でも十分使える便利な子犬用グッズ7選

ではここからは、子犬用と分類されることが多いけれど、成犬でも十分使える便利なグッズをご紹介していきます。

子犬用ミルク

子犬用ミルクは、子犬だけでなく病気療養中の犬や授乳中の母犬、シニア犬(老犬)、寝たきりの犬の栄養補給にも使うことができますが、最近は、シニア向けのミルクも販売されています。

森乳サンワールド ワンラックプレミアムドッグミルク150g

子犬用のミルクとして販売されている商品にはさまざまなものがありますが、このミルクは、成分をより母乳に近づけて乳糖を調整してあること、免疫グロブリンを含む牛の初乳を配合していることなど、腸の健康と免疫維持に配慮しているところが特徴です。

>>商品はこちら

ヤギミルク

犬は牛乳に含まれる乳糖に対して分解する酵素を持っていないことから、牛乳を与えると下痢や消化不良など体調不良の原因となるため、子犬にヤギミルク与える飼い主さんも多いです。

ヤギミルクは低脂肪で栄養価も高く、子犬からシニアまで飲むことができるので栄養補給に便利なアイテムで、ごはんのトッピングにしたり、おやつの材料に混ぜるなどの活用もできます。

ミルク本舗 オランダ産ヤギミルク100g

液体タイプのヤギミルクもありますが、粉末のヤギミルクのメリットとしては、保存ができることと、トッピングやおやつの材料としても活用できることです。もともと人用ミルクとして製造、輸入されたものなので、安心して愛犬に与えることができます。

>>商品はこちら

子犬用歯ブラシ

犬の歯には歯石が付きやすく歯周病にもなりやすいので、日々のデンタルケアはとても大切です。人間の大人用や子ども用の歯ブラシを使用してももちろんOKですが、子犬用の小さなヘッドの歯ブラシを人間用のワンタフトブラシのような感覚で持っておくと便利です。

VIVATEC シグワン子犬用歯ブラシ

VIVATECのシグワンは360°ブラシがついているので、犬の歯が磨きやすくなっています。中でも子犬用ブラシは、小型犬用や超小型犬用よりもブラシの直径が細いタイプになっています。口の中にブラシが当たると嫌がる犬は、歯ブラシを使う場合、できるだけ小さなヘッドのものを使うこともおすすめです。

>>商品はこちら

おもちゃ

子犬用のおもちゃの注意点はすでにご紹介しましたが、子犬用のおもちゃを成犬になっても壊さずに大事に使っている犬もいます。

KONG パピーコング

アメリカ生まれのコングは、天然のゴム素材で中におやつやペーストを入れることができる知育トイとして日本でも人気のある定番のおもちゃです。パピー用のコングは柔らかくピンクとブルーのかわいいカラーが特徴です。

※おもちゃを破壊したり噛みちぎらない犬であれば十分遊べますがパピーコングは子犬用となっています。

コングのラインナップには、柔らかいパピーコング、あごの弱ったシニア犬向けのシニアコング、定番のコング、噛む力の強いブラックコングがあるので、噛み癖のあるワンちゃんは適したものを選びましょう。

>>商品はこちら

食器

子犬用の食器は、浅くて小さいなど、成長と共にすぐに使えなくなってしまうことも多いです。でも、子犬用食器はお出かけの際や、病気になったとき、いつかやってくる介護の際にも役立つことがあるので、大事に保管しておくことをおすすめします。

本間器物製作所 ステンレス食器 皿型(浅型)12cm 国産

大きくなってしまったらこんなもの使えない!と思われがちですが、国産の浅型のステンレス食器は品質的にも衛生的にも安心ですし、さまざまなシーンで活用できるのでおすすめです。

>>商品はこちら

シャンプー

子犬用のシャンプーは低刺激で安全性が高いとされているものが多いです。皮膚の弱いワンちゃんは、パピー用のシャンプーを選んでみることもおすすめです。

ZOIC N (ゾイックN)パピドールシャンプー 仔犬用

ゾイック Nパピドールシャンプーは、仔犬と仔猫も兼用で使えるシャンプー剤です。保湿成分のヒアルロン酸やコラーゲンを配合していることや天然由来成分を使用している特徴があります。

>>商品はこちら

ZOIC N (ゾイックN)ピドールリンス 仔犬用

同じくゾイック Nパピドールリンスは、デリケートな仔犬や子猫のためのリンス剤です。低刺激なので、パピーだけでなくシニア犬や肌の弱い犬にもおすすめです。

>>商品はこちら

愛犬に適していれば子犬用でも成犬用でも活用できる!

子犬用や成犬用の表記は目安になりますが、飼い主さんが「これはうちのコに適している」「これはうちのコには適さない」としっかり判断できれば、成犬が子犬用のものを使っても問題はありません。成犬やシニア犬、闘病中の犬が子犬用の犬グッズを活用できるケースもあります。

今回は、成犬でも使える便利な子犬用グッズをご紹介しました♪よかったら参考にしてみてください!